SDI-IPゲートウェイSystem-On-Module

EasySSは、SMPTE ST2110規格によるSDI-IPゲートウェイ実現のためのSystem-On-Moduleです。SMPTE ST2110とは、放送など業務系映像をIP*1 化して、IPネットワーク上で通信するための幾つかの規格を発展的にまとめた標準規格です。 EasySSは、マクニカが開発した「SMPTE ST2110 IP*2」をFPGAに実装しており、ベースボードと組み合わせることで、直ぐにSDI-IPゲートウェイの評価が可能になります。
 
*1: Internet Protocol
*2: Intellectual Property

 

EasySS (System-On-Module)

ベースボード

特徴

  • System-On-Module
  • SMPTE ST2110規格によるSDI-IPゲートウェイ機能を実現
  • ベースボードと組合せて直ぐに評価が可能
  • ユーザはIPコアをFPGAに組み込む工数や初期投資が不要に

仕様

Edition 10G 25G
Direction Duplex Simplex
Video Input HD-SDI x6ch/
3G-SDI x3ch/
Quad 3G-SDI(2SI) x1ch
HD-SDI x8ch/
3G-SDI x8ch/
Quad 3G-SDI(2SI) x2ch
12G-SDI x2ch
Video Output HD-SDI x8ch/
3G-SDI x8ch/
Quad 3G-SDI(2SI)
x2ch 12G-SDI x2ch
Ethernet Interface For SMPTE 10GBase SFP+ x2ch
1GBase-R SFP x2ch (for PTP)
25GBase SFP28 x2ch
1GBase-R SFP x2ch(for PTP)
REF OUTPUT Black Burst : NTSC or PAL
Tri-Sync : 1080/60/59.94/50I
Supported SMPTE Profile SMPTE 2110 -10/-20/-21/-30/-31/-40
SMPTE 2022 -6/-7/-8
SMPTE 2059 -1/-2
Codec TICO
JPEG-XS (ST2110-nn)
-
Control Interface 1000Base-T(RJ45), UART(USB), USB-OTG
Supported IGMP version IGMP v2,v3
Other Remote FW Update, Alarm Monitoring
Stacking Connector 高密度タイプ 200pinを想定(T.B.D.)
Size of EasySS W x D x H (mm) 90 x 100 x 33 (T.B.D.)
Power of EasySS DC +12V / 2A (T.B.D.)
Size of Ref Board W x D x H (mm) 160 x 280 x 38 (T.B.D)
Power of Ref Board DC +12V / 2A (T.B.D.)

※暫定仕様

ブロック図

スケジュール

●10G版

 ○2019年6月ESリリース

 ○2019年9月量産リリース

●25G版

 ○2019年9月ESリリース

 ○2019年12月量産リリース

アプリケーション

  • 放送機器(IP化対象)
  • SDIを使った機器 (e.g. ハイエンドプロジェクター等)

Media over IP Demonstration