概要

Article header mmc%2b%20%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%891  2 

24GHz帯のAnalog Devices社製MMIC(モノリシックマイクロ波IC)およびシャープタカヤ社の独自信号処理技術を用いる事で、高精度で小型化を実現しており、MIMO(Multi Input Multi Output)方式を採用する事で、長距離で広範囲な方位検出(測距・測角)が可能で、体動や振動の検出も可能。

また、日本国内の電波法(技術基準適合認定)も取得済で、24GHzなので日本国内、海外で使用可能。

特長

MIMOのアレイアンテナをデザインをすることで、仮想的にRx素子数を増やして方位分解能の向上を実現。信号処理において反射波の角度や距離を正確に検出して、評価ソフトを用いて点に強弱をつけてPPI(Plane Position Indication)上に表示し、検出された反射波から多数の強弱のついた点から人や物(車)などを認識する処理が行われる。

 

お客様の様々なご要求にも対応するため、アンテナにバリエーションを持たせた6種類のレーダーモジュールを準備。

基本仕様

項目 基本性能
モジュールサイズ mm 100(W) x 100(D) x 7.5(H)

インターフェース

  USB2.0(UART), USB3.0(パワー)

電源電圧

V 5.0
消費電流 A 0.7
周波数 GHz

24.05~24.25

変調帯域幅

MHz 190

測定距離範囲(Typ)

m

0.75~105(チャープ設定による&また現状測定環境として)

測角距離範囲(Typ)

deg

±40

チャープ時間

us 260

ラインナップ

アンテナタイプ

           

型番

AT1_01080108V

AT2_01040104V

AT3_01020102V

AT4_01080108H

AT5_01040104H

AT6_01020102H

送信(Tx)

Patch

1x8

1x4

1x2

1x8

1x4

1x2

受信(Rx)

Patch

1x8

1x4

1x2

1x8

1x4

1x2

送信アンテナ半値角(Typ)

Azimuth

deg

±40

±40

±40

±70

±70

±70

Elevation

deg

±7

±10

±20

±7

±10

±20

受信アンテナ半値角(Typ)

Azimuth

deg

±40

±40

±40

±70

±70

±70

Elevation

deg

±7

±10

±20

±7

±10

±20

偏波方向

 

垂直

垂直

垂直

水平

水平

水平

出力電力(Typ)

dBm EIRP

20

18.5

16

18.5

15

12

いずれのモジュールにも評価ソフトが同梱されます

回路構成

主要デバイス

搭載デバイス型番

機能

ADF5901

PGA 付き 24 GHz VCOとデュアル Tx チャンネルを内蔵した 24 GHz Tx

ADF5904

4チャンネル、24GHzのレシーバ・ダウンコンバータ

ADF4159

13GHz、フラクショナル・Nの周波数シンセサイザ

ADAR7251

16ビット、4チャンネル、同時サンプリングA/Dコンバータ

ADSP-BF706

1MバイトL2 SRAMを搭載した低電力400MHz Blackfin +組み込みプロセッサ

ADP5024

300mA LDOを1個内蔵する3MHz、1200mAのデュアル降圧レギュレータ

ADM7172

6.5 V、2A、超低ノイズ、高PSRR、高速過度応答、CMOSのLDO

おすすめ記事/資料はこちら

お問い合わせ