イベントの特徴

セミナー概要

このクラスでは インテル® FPGA (旧アルテラ FPGA ) 用の設計にソフトコアのエンベデッド・プロセッサーを使用することで、設計が簡単に行えることを学習頂けます。このコースは演習中心のプログラムで、Nios® II 開発キットを使って実際に Nios® II のハードウェアとソフトウェアを開発します。Nios® II 32 ビット・マイクロプロセッサの実装と、Nios® II を インテル® FPGA 上でテストする方法が習得できます。また、インテル® Quartus® Prime ソフトウェア と Platform Designer を使ったデザインの設定、コンパイルの方法、Nios® II SBT を使った Nios® II エンベデッド・ソフトウェアの開発と実行の方法も習得できます。このコースの受講後には、ご自身で次の Platform Designer デザインに取り組むことができるようになります。

 

コースを受講することで身に付くスキル
・Platform Designer 、インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア 、ModelSim®-Intel® FPGA および Nios® II 開発キットを使った Nios® II エンベデッド・プロセッサ・デザインのコンフィグレーション, コンパイル, および検証
・Platform Designer を用いて組み込みシステムの中にカスタム・ペリフェラルとインストラクションを追加する方法
・Nios® II SBT を用いたソフトウェア・プロジェクトの作成
・エンベデッド・ソフトウェアのコンパイル、実行、およびデバッグ
・Nios® II HAL API を用いてC プログラムからペリフェラルにアクセスする方法の習得

受講料

¥45,000-(税別)

  • 事前の銀行振込(振込手数料お客様ご負担)のみ。消費税分を加算した金額をお支払ください。
  • 当日現金支払はお受けできませんので、ご注意ください。

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2019/10/10
(木)
  • 9:30-17:30
    (受付 9:15 -)

新横浜会場 マクニカ 第2ビル

  • 10名

アジェンダ

時間 内容
9:30-17:30

・Nios® II ハードウェア開発
・Nios® II ソフトウエア開発
・ソフトウェア実行とデバッグ
・ボード ブリングアップ ツール
・RTL シミュレーション 
・システム・インタコネクト・ファブリック
・ユーザー定義(カスタム)ペリフェラル
・カスタム・インストラクション
・Nios® II フラッシュ・プログラマ

持ち物

  お名刺1枚、弊社からの案内メールのコピー

対象者

 ・デジタル論理回路設計ができること
・インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアを実務で使用する知識があること
・組込みシステム用のCプログラムについての知識があること

注意事項

以下、必ず確認してください。

・申し込み多数の場合には抽選となることがございます。ご了承ください。
・参加費のお支払いは、事前での銀行振込(振込手数料お客様ご負担)のみとなります。当日現金支払いはお受けできませんので、ご注意ください。
・銀行口座情報・請求書・領収書に関するご案内は、セミナー開催が決定次第、追ってメールにてご連絡いたします。
・受講料は、メールでお送りする 「振込先ご案内」 にしたがって、開催日の 3営業日前 (土曜・日曜・祝日を除く) までに指定口座にお振込みをお願いします。
・お振込みいただいた受講料は理由の如何に関わらず返金いたしかねますので、予めご了承ください。なお、振込み手数料は振込みされるお客様のご負担にてお願い申し上げます。
・お客様ご都合による参加不可となった場合の、代理の方のご参加をご調整ください。(注)代理の方は、お申込み者同社内の方に限ります。
・お申込みキャンセルのお申出については、開催日含む3営業日前までに、申込み完了メール記載のキャンセル窓口までお申出ください。

お問い合わせ

お問い合わせ