[オンラインセミナー] NXP マイコンでインテル® FPGA のコンフィグレーション ROM をアップデート! ~NXP i.MX RT1050 編~ <無料>

イベントの特徴

i.MX RT1050 で インテル® Cyclne® 10 LP FPGA を制御してコンフィグレーション・データをアップデート

本セミナーでは、インテル® FPGA のコンフィグレーション ROM のデータを、マイコンを使ってアップデートする方法についてご紹介します。
使用する FPGA とコンフィグレーション ROM、マイコンは以下の通りです。

 

FPGA:インテル® Cyclne® 10 LP FPGA (10CL025YU256I7G)
コンフィグレーション ROM:インテル® EPCQ128A
マイコン:i.MX RT1050 | Crossover MCU with ARM Cortex-M7, 512 KB SRAM | NXP Semiconductors

 

構成として、アップデート用のコンフィグレーション・データは、RPD 形式で SD Catd に保存し、i.MX RT1050 を使って I2C 経由で FPGA へデータ転送をおこないます。
FPGA とコンフィグレーション ROM のアクセスは、インテル® 社が提供している General Serial Flash Interface (GSFI) IP を使用しておこないます。

 

セミナーでは、デザイン構成のご紹介と実際のコードを使った制御方法や注意事項についてご紹介します。
デモで使用したコードをサンプルとしてダウンロードしてご使用いただくことが可能となります。

 

なお、NXP マイコンは MCUXpresso SDK | Software Development for Kinetis, LPC, and i.MX MCUs | NXP Semiconductors と呼ばれるデバイスのハード構成を抽象化するソフトウェアが用意されていますので、サンプルソフトウェアをベースに使用する関数等を調整いただくと LPC シリーズや Kinetis シリーズでも動作させることが可能となっています。

また、インテル® FPGA 側にて使用したコンフィグレーション ROM はインテル® 社の EPCQ128A ですが、GSFI IP は汎用の QSPI Flash に対応しておりますので、他社の QSPI Flash も同様の方法でコンフィグレーション・データのアップデートをおこなうことができます。

 

応用として、FPGA のリモート・システム・アップグレード機能を検討されている場合、アプリケーション用コンフィグレーションデータのアップデートをおこなう場合にも活用できます。

こんな人にオススメです!

・マイコンを使って インテル® 社 FPGA のコンフィグレーション ROM のアップデート方法を知りたい方

・インテル® 社 FPGA のリモートアップデートを検討している方

・NXP 社のマイコンに興味のある方

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2024/03/06
(水)
  • 11:00-12:00

オンライン(Zoom Webinar を使用)

  • -

アジェンダ

時間 内容
60分

1) 基本構成
2) FPGA のデザイン構成
3) NXP i.MX での制御方法
4) サマリー

※内容は変更になる可能性があります

持ち物

ご準備いただくものはありません。

主催・運営

(株)マクニカ アルティマ カンパニー

お問い合わせ

お問い合わせ