LEDフラッシュ・ドライバ "LM36010" の特長

LM36010は Texas Instruments社(以下TI社)が提供するLEDフラッシュ・ドライバです。

フラッシュモードでは1.6秒以内に最大1.5Aの電流をドライブできるため、短時間で必要な輝度が必要な監視カメラなどに最適です。

また、トーチモードでは2.4mA〜376mAで電流制御が可能です。そのため高効率が要求されるモバイル機器にも最適です。

入力電圧(Min)入力電圧(Max)LED個数ドライブ電流インタフェース温度範囲
2.5V5.5V11.5AI2C-40~85℃


LM36010には、以下の大きな特長・メリットがあります。

1. 短時間に最大1.5AのLEDフラッシュ電流をドライブ

LM36010は2MHz、4MHzの同期整流昇圧コンバータを利用することで、1.6秒以内に11mA~1.5Aの範囲でLEDフラッシュ電流をドライブすることができます。

そのため、短時間で必要な輝度のLEDフラッシュを実現できます。

Article header library 129609 pic01  1
電流ドライブ特性

2. わずか7mm2超小型パッケージ、基板面積は最小で実装可能

LM36010は8ピンの超小型DSBGAパッケージです。
パッケージサイズは7mm2サイズであるため、わずかな基板面積で実装が可能です。

監視カメラ、モバイル機器などの基板サイズが制限されているアプリケーションに最適です。

Article header library 129609 pic02  1
配置レイアウト例

3. "I2C" インターフェースで簡単に制御

LM36010 には、デバイスの各種設定用に、I2Cインターフェースがあります。そのため、マイコンからLM36010の制御を簡単に行うことができます。

Article header library 129609 pic03  1
LM36010 概略図

すぐに評価開始できる "LM36010EVM" 評価キット

LM36010を簡単に評価できるよう、TI社からLM36010EVM 評価キットが供給されています。この評価キットを利用することでLM36010 LEDフラッシュ・ドライバの動作と性能を評価することができます。

Article header library 129609 pic04  1
LM36010EVM 評価ボード

この評価ボードは、下記のステップですぐに評価を行うことが可能です。

1. 必要な機材を準備・接続

評価には以下の機材が必要です。

  • 開発用PC1台
  • LaunchPad(MSP432)マイコンボード
  • LM36010EVM評価キット


PCとマイコンボードはUSBケーブルで接続します。
マイコンボードと LM36010EVM 評価キットはI2Cインターフェースで接続できるようになっています。

Article header library 129609 pic05  1
接続図

2. 評価を開始

TI社から提供されているUSBドライバとGUIツールをPCにセッティングすることですぐに評価を開始することができます。

Article header library 129609 pic06  1
GUI ツールでの設定例

アプリケーション例

  • 携帯電話/スマートフォン
  • タブレット
  • IR LEDドライバ
  • ビデオ監視: IPカメラ
  • バーコード・スキャナ
  • ポータブル・データ端末
Article header library 129609 pic07  1
アプリケーション例

製品概要

型  名LM36010EVM
仕  様
  • プログラム可能なLED電流
    • フラッシュ/IR電流範囲:11mA~1.5A(128レベ ル)
    • トーチ電流範囲:2.4mA~376mA(128レベル)
  • 1.6秒までのフラッシュ・タイムアウト
  • 低バッテリ状況でフラッシュLED電流を最適化(IVFM)
  • 接地カソードLED動作により熱管理を改良
  • 小さな合計ソリューション・サイズ:7mm2未満
  • ハードウェア・ストローブ・イネーブル(STROBE)
  • 入力電圧範囲:2.5V~5.5V
  • 400kHzのI2C互換インターフェイス
    • I2Cアドレス = 0x64



商品の価格情報・在庫状況はこちら

LM36010EVM
LM36010

メーカーサイト/その他関連リンクはこちら

LM36010 製品情報
LM36010 データシート
評価ボード LM36010EVM 製品情報
評価ボード LM36010EVM データシート