はじめまして。アルティマ技術の新人、太郎です。

私のコラムは主にクロック/タイミングについて学んだことを書きます。宜しくお願いします!

 

タイミング製品とは、発振器や振動子と言った、クロックを生成するものです。クロックを分配するバッファや Synthesizer も

タイミング製品に含まれます。

 

タイミング信号の使用方法は目的によって様々です。いくつか例を挙げます。

 

アナログのアプリケーションでは、オーディオ信号をデジタル化する際の、アナログ-デジタルコンバータ( ADC )でサンプリングに使用されます。

 

一方、通信システムでは、 LAN / WAN の高速シリアルリンク上で、データの伝送を同期させるのにクロック信号を使います。

 

クロック製品は汎用品であるが故、ある程度の精度があれば十分と考えていませんか?

タイミング信号の品質で、システム全体の信頼性が少なからず影響を受けます。

 

ハチの製作実習の時もそうでしたが、クロックがなければ基板がただの板になってしまうほど、実はクロックは重要です。

タイミング製品は、いわば心臓なのです。

 

システム全体の信頼性を持たせたい技術者の方は、クロックの精度を見直してみてはいかがでしょうか?

ご相談はアルティマのエンジニアにお願いします!

 

例えば、

・周波数安定度を○○PPM 以内にしたい

・クロックの基板面積を削減したい

・コスト重視

・FPGA に最適のクロック製品を使用したい

など、お客様のニーズに合わせた製品をご紹介致します。

 

次回はタイミング製品の選定で注意しなくてはならない Jitter について書きます。