Microchip社 Libero SoC - サポートOS対応

Microchip 社 不揮発性 FPGAの開発ツールのサポートOS対応表です。

Libero SoC - サポートOS対応表

表1が各開発ツールのサポートOS対応になります。

Libero SoC:開発ツール

FlashPro/Express:プログラミング・ツール

Firmware Catalog:オンチップCPUで使用可能なファームウェア・カタログ

SoftConsole:オンチップCPUのソフトウェア・プログラム開発環境

OS Libero SoC
FlashPro/Express Firmware Catalog SoftConsole
Windows 10

✔1

✔1

1

✔4

Windows 7

✔1

✔1

✔1

4

RHEL 7

✔1

✔1

 

✔1,3

RHEL 6

✔1

✔1

 

✔3

RHEL 5 1,2

✔1

✔1

   
CentOS 7

✔1,6

1,6

 

✔1,3

CentOS 6 1

     

✔3,4

CentOS 5 1,2

       
Ubuntu 18.04        
Ubuntu 16.04      

✔3

Ubuntu 14.04      

✔3

SUSE 11 SP4 6

     

✔3,5

OpenSUSE Leap 42.3

✔1

✔1

   
OpenSUSE Leap 15      

✔1,3

Debian 9      

✔3

 

表1 各開発ツールのサポートOS対応

 

1、ツールは64ビットOSでサポートされ、32ビットOSはサポートしていません。
2、RHEL 5とCentOS 5はFlashPro5を使用したプログラミングをサポートしていません。
3、SoftConsole v4.0、v5.0、v5.1以降のスタンドアロン・リリースのみがLinuxOSをサポートします。
4、ツールは32ビットおよび64ビットのOSをサポートします。
5、SoftConsoleはSUSEプラットフォームで検証されていません。
6、Libero SoC v12.4以降でUbuntu 18.04 OSをサポートしています。

 

なお、最新の情報はメーカーページからご確認ください。

お問い合わせ

本記事に関してご質問などありましたら、以下より問い合わせください。

Microchip メーカー情報Topへ

Microchipメーカー情報Topページへ戻りたい方は、以下をクリックください。