条件を指定して絞り込む

現在1132件がヒットしています。check

記事カテゴリ
製品カテゴリ
メーカー

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z

こんにちは
マクニカでインテル® FPGA 製品の技術サポートをしている インテル・F・ハナコ です。

不具合の状況

Quartus Prime の IP catalog から IP モジュールを作成した後に、IP のパラメータを変更(アップデート)する必要が出てきた場合、以下のいずれかでパラメータ画面を起動し、編集(Edit)モードにしますよね?

Project Navigator [Hierarchy ビュー] から編集する
Project Navigator [IP Componentsビュー] から編集する
Upgrade IP Components(Project メニュー)から編集する

 

一部の IP では、IP をアップデート、あるいは作成したバージョンと同じバージョンで編集しようとしたにも関わらず、いずれのフローでも下記メッセージ (Fail to launch MegaWizard Plug-In Manager.) が表示されてエディターが起動しないことがあります!
(※ IP によっては、メッセージすら出ずにうんともすんとも言わないモノもあります。)

Fail to launch MegaWizard Plug-In Manager.

これは Quartus Prime 18.0 および 18.1 において発生している 不具合 です。(IP によっては、18.1 で改善しているモノもあります。)

今後リリースされるバージョンで修正される予定ですが、 それまではこのワークアラウンドで回避してください。

ワークアラウンド(回避策)

例えば、ver.18.1 で作成した PLL Intel FPGA IP を編集しようとしても、Fail to launch~ のメッセージでパラメータ画面が起動しない場合には、pll_wizard.lst ファイルを以下のとおりに編集します。

 

① <quartus_prime_18.1_install_dir>\ip\altera\altera_pll\pll_wizard.lst をテキスト・エディタで開きます。

 

② ver.18.1 箇所の IP 名を PLL Intel FPGA IP に変更します。

 

例えばこんな風に。

[Basic Functions|Clocks; PLLs and Resets|PLL]
Altera PLL v18.1= "%t" "%w/../common/lib/megawizard.pl" --wizard:altera_pll  --early_gen:on --wizard_file:"%w/source/top/pll_hw.tcl" --familyparameter:device_family %f %o %h
<INFO>
<QIP_FILE_ENABLED/>
<ACCEPT_OTHER_CNX VALUE="ON"/>
<DEVICE_FAMILY SUPPORTED="NONE | Stratix V | Arria V | Cyclone V | Arria V GZ" SUPPORT_CHECK="ON" /> 
<LANGUAGES   AHDL="OFF"/>
<PINPLAN SUPPORTED="ON"/>
<ALIAS>Altera PLL</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v10.0</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v10.1</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v11.0</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v11.1</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v12.0</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v12.1</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v13.0</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v13.1</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v14.0</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v14.1</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v15.0</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v15.1</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v16.0</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v16.1</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v17.0</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v17.1</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v18.0</ALIAS>
<ALIAS>PLL Intel FPGA IP v18.1</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v19.0</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v19.1</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v20.0</ALIAS>
<ALIAS>Altera PLL v20.1</ALIAS>
</INFO>

③ pll_wizard.lst ファイルを保存します。

 

これで PLL Intel FPGA IP のパラメータ画面が起動しますよ。

もし、ver.18.0 で作成した IP (このワークアラウンドを実施したものも含む) を ver.18.1 で編集する際に Fail to launch MegaWizard Plug-In Manager. で起動しなかった場合は、ver.18.1 の *_wizard.lst において、ver.18.0 の行も修正が必要です。 

例)
...
<ALIAS>Altera PLL v17.1</ALIAS>
<ALIAS>PLL Intel FPGA IP v18.0</ALIAS>
<ALIAS>PLL Intel FPGA IP v18.1</ALIAS>
...

 

この不具合は、IP 名が Quartus Prim 18.0 以降でリネームされたことが影響しています。
リネーム対策がちゃんと対応できている IP も多くありますが、一部の IP は未完のために今回の不具合が発生しています。

 

例えば、以下の IP が該当しています。

 

旧 IP 名

ver.18.0 以降の IP 名

Altera GPIO Lite GPIO Lite Intel FPGA IP
ALTERA_MULT_ADD Multiply Adder Intel FPGA IP
Altera PLL PLL Intel FPGA IP
Altera PLL Reconfig PLL Reconfig Intel FPGA IP
Altera Soft LVDS Soft LVDS Intel FPGA IP
Altera Unique Chip ID Unique Chip ID Intel FPGA IP
Triple-Speed Ethernet Triple-Speed Ethernet Intel FPGA IP
など など

 

これらの IP に対する *.lst ファイル (下記参考) の中身の一部を、ver.18.0 以降の新しい IP 名に編集してください。

上記の IP の *.lst ファイルは、以下のパスに存在します。

 

ver.18.0 以降の IP 名

*.lst ファイルのパス

GPIO Lite Intel FPGA IP <quartus_prime_install_dir>\ip\altera\altera_gpio_lite\altera_gpio_lite_wizard.lst
Multiply Adder Intel FPGA IP <quartus_prime_install_dir>\ip\altera\altera_mult_add\altera_mult_add_wizard.lst
PLL Intel FPGA IP <quartus_prime_install_dir>\ip\altera\altera_pll\pll_wizard.lst
PLL Reconfig Intel FPGA IP <quartus_prime_install_dir>\ip\altera\altera_pll_reconfig\pll_reconfig_wizard.lst
Soft LVDS Intel FPGA IP <quartus_prime_install_dir>\ip\altera\altera_soft_lvds\altera_soft_lvds_wizard.lst
Unique Chip ID Intel FPGA IP <quartus_prime_install_dir>\ip\altera\altchip_id\altchip_id_wizard.lst
Triple-Speed Ethernet Intel FPGA IP <quartus_prime_install_dir>\ip\altera\ethernet\altera_eth_tse\altera_eth_tse_wizard.lst
など など

※ "など" は、未確認の IP があるためです。確認でき次第、情報を更新していきます。

 

 

修正されるまでは、このワークアラウンドで乗り切ってください!
よろしくお願いします。