高速画像処理技術の活用

高速画像処理技術とは、従来のフレームレートを大きく超える1000分の1秒のフレームレートで高速処理を実現する技術です。

高速画像処理技術を用いたFactory Automation、スポーツサイエンス、エンターテインメントへの応用例をご紹介します。

高速高精度ビジュアルフィードバックシステム

従来の産業用ロボットにおける課題(熟練者のティーチング、及び、外部環境変化に対するロバスト性)を解決します。

高速カメラ+動的補償モジュール(Dynamic Compensation Module)を導入することで、高速ビジュアルフィードバック機能をAdd Onします。

高速錠剤計数・検査ソリューションシステム

従来の製造ラインにおける課題(生産効率、及び、品質向上)を解決します。

高速カメラを導入することで、形状認識、不良選別、個数カウント等を従来の検査システムに比べ高速かつ正確に処理します。

リアルタイム3Dトラッキングシステム

高速ビジョンテクノロジーにより、対象物の3Dポジションをリアルタイムにトラッキングできるシステムを提供します。

スポーツサイエンスやVR等のエンターテインメントに適用可能です。