Exabeam

エクサビーム

株式会社ジュピターテレコム様

ダウンロードはこちら

ログ分析と機械学習で異常な振る舞いを検知
――内部不正対策に高い効果を発揮する次世代SIEM

国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社であるジュピターテレコム(以下、J:COM)は、内部不正対策として米Exabeam社が開発する次世代SIEMプラットフォーム「Exabeam Advanced Analytics」を導入、2019年10月に本番稼働を開始した。

J:COMのサイバーセキュリティ推進部でマネージャーを務める筒井 英樹氏と、導入をお手伝いしたマクニカの王原 聖雄氏に、導入の経緯や選択理由、今後の展望などについて対談をしてもらった。

次世代SIEMプラットフォーム導入の3つのポイント
  • 内部不正対策に有効な機械学習を使ったログ解析
  • 日本製の資産管理ソフトなどのログに対応できる高い柔軟性
  • 一定のコストで投資可能なフラットなライセンスモデル

User Profile

株式会社ジュピターテレコム
所在地 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館
設立 1995年 1月
URL https://www.jcom.co.jp/corporate/