Exabeam

エクサビーム

最小限のリソースで、高水準のセキュリティ

ユーザーの通常業務可視化、脅威の予兆の検知

昨今の高度な標的型攻撃や内部不正は、正規の認証情報や機器、作業に見せかけて行われることもあります。そのため、ユーザの振る舞いが通常業務か、悪意のある行動かといった判断が難しく、既存のソリューションや人の目で検知することはますます困難となっています。Exabeam SMPは収集したログに機械学習(UEBA)を活用することで、一人一人、一台一台の通常の行動パターンを生成します。通常の行動パターンから逸脱する異常な行動を検知した場合、その行動のリスク度合いを自動的にスコアリングし、Exabeam SMPのタイムライン上に表示し通知します。

高度なスキル不要。膨大なログから“ストーリー”で脅威を可視化

Exabeam SMPの特徴は、Exabeam社の特許技術により、対象のログを人もしくは機器に自動的にひも付け、時系列に整理することで、ユーザ一人一人の行動のタイムラインを作成することです。異常な行動のログ(アラート等)だけではなく、正常な行動のログ(アクセスログ等)を含む全てのログが対象となります。すべての行動がタイムライン上にストーリーとして表示されるため、前後の行動や通常の行動を容易に比較・確認することができ、専門知識のない運用者でも脅威の判断や状況理解を迅速に行うことが可能です。

シンプルで直観的なユーザーインターフェイス

セキュリティ運用を迅速に行う為には運用者が情報を正しく、迅速に理解できる必要があります。また、情報を理解するために様々な製品の専門知識、セキュリティの知識、社内環境の知識なども必要とされますが、このような人材は日本だけではなく世界的に不足しています。Exabeam SMPは情報が分かりやすく、使いやすいユーザインターフェイスを提供することでお客様のセキュリティ運用の効率化を支援します。