Exabeam

エクサビーム

内部不正が増加している背景

昨今の企業を取り巻く環境変化により、従業員による内部不正のリスクが高まっています。また近年の産業スパイの事案でも見られるように、攻撃者が情報窃取の手段として内部不正を選択するケースも増えています。
どうしても外部脅威対策に目が行きがちではありますが、各企業で内部不正対策が急務となっています。

  • 攻撃者による“内部不正”という手段の選択
  • 内部不正はあくまで「機密情報窃取」という目的を達成するための手段に過ぎない。
  • 内部不正対策は多くの企業で十分でない為、攻撃者が標的型攻撃だけでなく、内部関係者を利用して情報窃取を試みるケースが増えている。
  • 社会環境の変化
  • 終身雇用制度が崩壊し、転職/副業は当たり前。2019年には日本市場の転職者数が過去最高を記録。個人による会社への帰属意識も低くなっている。
  • グローバル化が進み、企業にコンプライアンス意識の低い“脆弱な従業員”が増加している。
  • リモートワークの定着
  • リモートワークの定着により、監視の目/コミュニケーションが減少しており、内部不正のリスクが高まっている。

内部不正対策の3ステップ

では、私たちは内部不正のリスクをどのように回避することができるのでしょうか。
内部不正対策は大きく3つのステップに分けることができ、Exabeamを活用いただくことで抑制から早期対処まで幅広く対策を行うことが可能です。内部不正は人の心が複雑に絡むため全てを抑制することは難しく、内部不正を早期発見し、すぐに対処できる仕組みを整備しておくことが重要です。

Exabeamの内部不正対策における強み

Exabeamは、以下2点の強みで内部不正の早期発見、予兆検知、そして早期対処を実現します。

以下から実際のデモ画面をご確認いただけます。是非お気軽にダウンロードください。

より詳細をご希望の方は以下よりお問い合わせください。