II-VI

ツーシックス

次世代データセンターネットワーク基盤構築セミナー

デジタルテクノロジーがかつてないスピードで進化するなか、AIやIoT、ビッグデータ技術により、データセンタービジネスの役割は大きく変わろうとしています。事業者は、データセンターの大規模化が加速し、データ量の増大や処理の高速化のため、従来にはないデータセンター構築・運用課題に直面しています。

本セミナーでは基調講演として、楽天株式会社のネットワーク技術者である藤井博貴様に、楽天の考える次世代データセンターのあるべきかたちを具体的な検証活動を含め実例とともにご紹介いただきます。次に、KADOKAWA Connectedの東松裕道様には、大容量ネットワークをいかにコスト効率よく構築されたかをご紹介いただきます。また、Finisar社から光通信、HDD/SSDコントローラーで高いシェアを誇るMarvell社から、ストレージソリューションについて、それぞれ最新技術を市場動向とともにご紹介いただきます。

開催要項

日 程 開催終了
会 場

株式会社マクニカ 品川オフィス MAP

〒108-0075 東京都港区港南1-8-23 Shinagawa HEART 5Fセミナールーム
-JR品川駅 港南口より 徒歩約5分

定 員

60※定員に達し次第受付を終了させていただきます。

費 用 無料
準 備

当日ご持参いただくもの

  • 受講票
  • お名刺

プログラム

14:00~14:10

開会のあいさつ

株式会社マクニカ

14:10~14:55

楽天ネットワークエンジニアたちが目指す、次世代データセンターとは

現在、楽天はE コマース、フィンテック、デジタルコンテンツ、通信など、70 を超えるサービスを展開しています。今後更なるAI技術やビックデータの活用、MNO事業本格開始などに向け、高帯域で拡張性や効率面に優れながら、従来よりも費用対効果の高い次世代インフラの実現が求められています。今回は、昨年末よりデータセンター間にて稼働中のホワイトボックススイッチとサードパーティーオプティクスのご紹介やKAIZEN活動、またデータセンター向けホワイトボックススイッチとOSSを中心としたCLOSトポロジーの検証活動についてご紹介します。

楽天株式会社
グローバルテクノロジー統括部 コアインフラストラクチャー課
ネットワークグループ
講師 藤井 博貴様 

2018年入社。データセンターやIXなど楽天サービス共通インフラの設計構築運用を担当。最近では開発エンジニアと共同し導入/運用フェーズの自動化、他事業部へのホワイトボックススイッチ導入のコンサル活動へも従事。

藤井 博貴様
14:55~15:35

コスパ重視の光ネットワーク戦略
~dwangoとKADOKAWAで実践してみた編~

大手コンテンツプロバイダであるdwangoおよびKADOKAWA Connectedでは、光ネットワーク戦略の一貫とし、サードパーティー製光トランシーバーの標準採用を推進しています。また、国内でも最大級の大容量ネットワークを構築し、サーバー・ネットワークのインフラストラクチャに既に導入を完了しています。柔軟な発想で的確な製品選定・検証を行い、イニシャル・オペレーション共に最大限のコストパフォーマンスを実現しました。サードパーティー品採用までの経緯や短所・長所など、赤裸々にご紹介いたします。

株式会社KADOKAWA Connected
KCS部 Network&Facility課
講師 東松 裕道様 

2017年にdwangoに入社後、ネットワークチームの立ち上げと共に商用ネットワークの全面更改プロジェクトに従事。2019年よりKADOKAWA Connectedにジョインし、dwangoとKADOKAWA Connectedの商用、および社内のネットワークインフラに関する戦略を決定するストラテジストとしての役割を担う。

東松 裕道様
15:35~16:15

NVMeからNVMe over Fabricへ 〜EBOFが解き放つNVMeの真のパワー

ストレージ業界はここ数年Flashの登場によりSCSI/ATAコマンドセットからNVMeコマンドセットを使ったアクセス方式に大きく変わりつつあります。ただあまりにも早いNVMe Driveの性能の向上にシステムの構造が追いつかず、NVMe Driveの真の実力を持て余す状況が発生しています。Marvellは長年のHDD、SSDの経験を基にこの問題を解決する新しいアプローチを提案いたします。

Marvell Technology Group Ltd.
Datacenter Connectivity
講師 矢田 士朗様 

1999年 富士通株式会社に入社し、ストレージシステムの開発に携わる。その後FC、 SASコントローラーのICメーカーの技術サポート職を経て2009年にQLogicに入社。2016年にCavium、2018年にMarvellに買収されて現職に至る。ストレージ業界に20年間身を置き、FC、FCoE、iSCSI、IB、SAS/SATAそしてNVMe over Fabricと様々なプロトコルの技術サポートに携わる。

矢田 士朗様
16:15~16:50

データセンター市場における光トランシーバー最新動向

光ネットワークのトレンドとして、データセンターネットワークの高速化が急速に進んでいる現実の中で、データセンターにおける光トランシーバーの最新トレンドをご紹介いたします。また、今後データセンターを構築する際にどのような技術が活用されていくのかなど、市場動向のアップデートをお伝えいたします。

Finisar Japan株式会社
営業部長
講師 高橋 庸輔様 

アナログ回路設計エンジニア経験を活かし、1990年代後半から光通信に関わる部品やトランシーバ製品のマーケティングや営業活動に従事。国内の大手OEMメーカーに対し、海外の様々な光部品やトランシーバ製品の提案や販売実績を構築。2017年からOEMのサポートから、直接エンド顧客にアプローチする新市場開拓に従事。技術やOEMサポートの経験を活かし、国内大手Carrier、ISP、Datacenter等のビジネス拡大をサポートしている。

高橋 庸輔様
16:50~17:00

閉会のご挨拶

株式会社マクニカ

17:00~17:30

個別相談会のご希望

※プログラムは、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。最新情報は本Webページをご確認ください。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。