サードパーティ製 光トランシーバ 新しい選択肢の活用

ネットワーク機器とセットで使うSFPなどの光トランシーバモジュール(以下、光トランシーバ)の存在を気にされたことがありますでしょうか?光トランシーバは特に意識しない限り、ネットワーク機器メーカー指定の純正光トランシーバ(以下、純正品)を導入されている方がほとんどかと思います。

光トランシーバには純正品に加え、サードパーティ製品という選択肢があります。そこで、サードパーティ製品でも大丈夫なの?という疑問を解消しつつ、メリットや注意点を、技術的な視点から掘り下げていきます。なお、サードパーティ製品の例としては、光トランシーバメーカ最大手のFinisar(現在はII-VI incorporatedの一部門)製品を取り上げます。

本記事は、シリーズ【「サードパーティオプティクス」のはじめかた】 の第一話となります。
このシリーズでは光トランシーバのエンジニア目線で、サードバーティオプティクスに興味を持たれている方々、実際に導入を検討している方々に向けて役立つ情報を発信していきます。

サードパーティオプティクスとは?

シリーズ名にもある、「サードパーティオプティクス」とは、サードパーティ製光トランシーバの総称で、純正品と同じ規格に準拠しています。

機器メーカーの純正品は保守サポートが充実しているなど、安心して導入・運用できるメリットがありますので、間違いのない選択と言えます。
一方、増え続けるトラフィックの増大に対応するため、100Gなどの高速インターフェイスの導入を検討される場面で、純正品の見積価格を見て予算が折り合わず導入を断念した経験や、比較的安価な1Gや10Gインターフェイスなどで妥協された経験はありませんか。

そんなお悩みを持つ皆様に知っていただきたいのが「サードパーティオプティクス」という新しい選択肢の存在です。北米のハイパースケールデータセンターから始まり、現在では通信キャリアや比較的大規模なネットワークインフラを所有している企業に採用が広がっています。
そんな「サードパーティオプティクス」の魅力を紐解いていきます。

サードパーティオプティクスの3つの特徴

以下で各特徴について掘り下げていきます。

  • メーカー純正品と同じ標準規格に準拠

光トランシーバは、光通信において異なる機器同士を接続するために使われるので、相互接続性のために規格が詳しく定められています。

純正品であってもサードパーティオプティクスであっても、光トランシーバが守るべき標準規格が主に2つあります。

  • IEEE 802.3 Institute of Electrical and Electronics Engineers: 米国電気電子技術者協会が定めるネットワークに関する規格
  • MSA Multi-Source Agreement: 光通信に関わるベンダ間で取り決めた規格

IEEE 802.3では主に光もしくは電気性能を、MSAでは主にフォームファクタの仕様を定めています。

一例として、Finisar社 QSFP28光トランシーバのデータシートを見てみます。

100G 100m SWDM4 QSFP28 Optical Transceiver FTLC9152RGPLのデータシートから抜粋

XII. Referencesには、QSFP28の光トランシーバとして本製品が準拠している規格が列挙されており、1.に準拠するMSA規格一覧が、同じく2.には、準拠するIEEE 802.3の規格が記されています。

サードパーティオプティクスであっても純正品と同じくこれらの標準規格に準拠しており、技術的に装置間の相互接続性において全く心配はありません。

  • 豊富なラインナップ

装置メーカー指定の純正品ではラインナップが限られていますが、サードパーティオプティクスには豊富なラインナップがあり、ほぼすべてのMSA規格を網羅しています。100Gの場合を見てみます。

光通信規格 純正品(例) サードパーティ
オプティクス
Finisar社例
距離 コネクタ/多重方法 FEC
100G SR4 100m MPO あり
100G SWDM4 × 100m LC / SWDM あり
100G CWDM4 2km LC / CWDM あり
100G CWDM4-Lite × 500m LC / CWDM あり
100G LR4 10km LC / LAN-WDM なし
100G LR4-Lite × 2km LC / LAN-WDM なし

純正品として選択できるのは「SR4、CWDM4、LR4」のみが一般的です。

純正品対応規格SR4とサードパーティオプティクス対応規格SWDM4を比較すると、距離は100mで同じですが、SR4は、扱いの難しいMPOコネクタと太くて重いリボンケーブルを使う必要があります。一方SWDM4だと取り扱い易いLCコネクタと2芯のケーブルを使用できるようになり、より高いユーザビリティを実現することが可能です。

また、サードパーティオプティクス対応規格のCWDM4-LiteやLR4-Liteは、CWDM4とLR4と同じ規格ですが通信距離を抑えており、トランシーバの価格だけでなくシステム全体のコスト削減にもつなげることが可能となります。

  • 技術知識を身につけ、自分で構築する必要がある

サードパーティオプティクスを運用するには、自社で構築するネットワークに最適な光トランシーバを、自ら選定し、導入することになります。そのためには、ある程度の物理レイヤに対する知識が必要です。必要とされる技術的な知識を、開発フェーズに合わせてご紹介します。

最初におさえるべき技術的知識

光通信や光トランシーバとケーブルに関する基礎的な知識

  • 光通信規格の違い
  • 光トランシーバの種類と違い
  • 光ケーブルやコネクタの種類
最初におさえるべき技術的知識

導入検討時に必要な知識

正常動作(リンクアップ)の確認に必要とされる知識

  • コストを抑えるための選定(いくつかのケースを例にして)
  • リンクバジェットの考え方
  • FECについて
導入検討時に必要な知識

保守に必要な知識

ツールを活用するための知識

  • I2Cアクセスによるトランシーバのパラメータ取得
  • 光パワーメータ、光オシロスコープ、光スペクトラムアナライザの紹介
保守に必要な知識

次回は、「最初におさえるべき技術的知識」について詳しくご紹介!

記事後半でご紹介した必要な基礎知識は、続編で順次紹介予定です。乞うご期待ください。

まとめ

今回は光トランシーバの導入には「サードパーティオプティクス」という選択肢があること、また様々な規格によって接続性が保たれているため、サードパーティオプティクスを安心して導入いただくことが出来ることを説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
サードバーティオプティクスは純正品と比較して非常に安価に導入できるほか、選択肢が豊富で自社のネットワーク環境に最適な製品が選べるなど多くのメリットがあり、国内大手お客様でも採用が広がっています。

実際に導入された企業様の事例は、以下よりご覧いただけます。

その他、Finisar社製品に関するブローシャや過去の講演資料はこちらから資料請求していただけます。

ご興味をもっていただけた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。