Broadcom製品

(旧Symantecエンタープライズセキュリティ)

Web Security Service(WSS)連携オプション

CASB Audit連携

WSSからCloudSOC CASBへログを自動的に連携する機能が実装されています。ログのダウンロードやアップロードといった操作は必要なく、 WSS経由の通信は自動的にCloudSOC上で可視化することが出来ます。

  • CASB Audit連携
  • CASB Audit連携

CASB Gateway連携

  • CASB Gateway連携
全てのWeb通信をWSSで受け、対象通信に応じて振り分けを致します。お客様側でWeb通信とCASB対象のクラウドアプリケーション通信を振り分ける手間を省けます。

Threat Explorer

Symantec Threat ExplorerはURLファイルハッシュに関するシマンテックの脅威情報へのアクセスを提供

 

Threat Explorerは3つの機能を提供

  • Webポータルによる情報の検索
  • Webサイトを安全に確認するためのWeb Isolation
  • API(SIEM等との連携のため)

※2019年6月まではBetaとしてポータル機能のみを無償提供

  • Threat Explorerは3つの機能を提供

ProxySG連携

Management Center(MC)のUPE機能を利用することで、ProxySGにインストールされているアクセス制御ポリシーをWSSに対しても反映させることが可能

  • ProxySG連携