Aruba EdgeConnect(旧Silver Peak)

アルバエッジコネクト(旧シルバーピーク)

重要Silver Peakは買収されて今はAruba傘下となります。 詳細はこちら

Silver Peakで課題を解決する - WAN最適化・高速化

従来型のSD-WANはあくまでもルーター機能の延長

  • 従来型のSD-WANはあくまでもルーター機能の延長
  • 『閾値』『フロー』ベースの回線切り替えはで品質閾値は『手動』で設定する必要がある
  • 契約する回線品質以上のユーザ体験の向上は見込めない
  • 結局はMPLS回線に頼る必要があり、インターネットへの全面リプレイスは難しい

独自のWAN最適化技術を持つSilver Peakが解決します

パスコンディショニング機能(回線の修復・補正)

  • ベストエフォート型の回線でもパケットレベルで回線を修復・補正することにより回線品質を引き上げ
  • ブロードバンド回線をエンタープライズの拠点間WANで商用採用することにより可能
  • 特にインターネット上で音声やビデオなどのUDPアプリケーションに非常に有効
  • プロトコルに依存しないため、アプリケーションに関わらず有効
  • パスコンディショニング機能(回線の修復・補正)
  • パスコンディショニング機能(回線の修復・補正)

リンクボンディング機能(複数回線を論理的に1本に束ねる)

  • 異なる回線種別を束ねて1つの論理回線化
  • 片方の回線障害時は1秒以下で自動的に切り替え
  • 信頼性重視、スループット重視など複数のボンディングモードを用意
  • ボンディング回線の障害時も、第三の回線への切り替えにも対応
  • リンクボンディング機能(複数回線を論理的に1本に束ねる)

パスコンディショニングとリンクボンディングの同時併用

  • 2つ以上のWAN回線を束ねて1本のメイン回線として利用
  • 更にパスコンディショニング機能を併用することで、オーバーレイでの実効パケットロスを大幅に削減
  • コンシューマー向けのブロードバンド回線でも法人利用に耐える品質を担保することが可能
  • パスコンディショニングとリンクボンディングの同時併用

SD-WANにWAN高速化機能も実装!“ユニークな機能Boost”

必要に応じて利用できるアプリケーションの高速化オプション“Boost”

  1. TCP等のプロトコルレベルの高速化
  2. データの重複排除・圧縮
  • 必要に応じて利用できるアプリケーションの高速化オプション“Boost”

Silver Peak高速化機能の検証

データの削減率(=Boost有におけるLAN側とWAN側の比率):99.6%

  • Silver Peak高速化機能の検証

※マクニカ調べ