ソフトウェアによるビジネス競争力の向上を実現するために、
DevOps推進を最先端のテクノロジー活用とサポートによって実現します

DevOpsとは何か?

DevOps自体に決まった定義はありませんが、マクニカネットワークスグループとして、DevOpsを「ビジネス競争力を高めるために、ソフトウェアをより迅速かつ安定的に顧客へ届ける上で必要な技術・プロセスに対する改善活動の総称」としています。

DORA(DevOps Research and Assessment)が公開している「State of DevOps 2019」では、DevOpsにおける重要な4つの計測指標として「デプロイ頻度」「変更にかかるリードタイム」「サービスのリストア時間」「変更による不具合発生の確率」を公開しています。最上位のパフォーマーでは、最下位のパフォーマーと比較して「デプロイ頻度」が208倍、「変更にかかるリードタイム」が106倍異なるなど、DevOpsの実践を進めていくことで、ソフトウェア開発によって生み出すビジネス価値を、より迅速かつ安定的に顧客へ届けることができるようになります。

マクニカネットワークスグループにおけるDevOps事業ミッション

私たちは、DXを実現するソフトウェア開発において組織・文化の変革とグローバルの最先端テクノロジー活用においてお客様と伴走することで、ビジネススピード向上と日本企業の国際競争力向上に貢献いたします。

ソフトウェア企業への変革を、共に。
-Be a Software Company, together with us-

Product

ユーザ事例

GitHub導入事例はこちら

優れたソフトウェア開発を支援する、世界1200万ユーザに愛用される企業向けソフトウェア開発プラットフォームGitHubをご利用・ご活用いただいております、お客様の導入事例をご紹介いたします。

CircleCI導入事例はこちら

CircleCI社はソフトウェア開発においてソースコードのテストやビルドを自動化するCI(継続的インテグレーション)およびコードのリリースを自動化できるCD(継続的デプロイメント)ツールを提供しています。

JFrog導入事例はこちら

JFrog社の「JFrog Enteprise+」 は、ソフトウェア成果物を安定してリリースするための企業向けプラットフォームであり、デリバリースピードの向上を実現するソリューションです。

Prisma Cloud導入事例はこちら

Prisma Cloudは、コンテナセキュリティのTwistlock、クラウドセキュリティのRedlockをはじめとする4つのソリューションを統合した、包括的なコンテナ、クラウドセキュリティプラットフォームです。

お問い合わせ先