2018.10.26
株式会社マクニカ

 

マクニカ、インダストリアル IoT(IIoT)市場向け製品「SENSPIDER」を開発
~AI活用時のデータ取得・処理に最適なデータロギングとエッジコンピューティングを実現~

 半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手がける株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社所在地:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:中島 潔、資本金111億94百万円)は、この度、インダストリアルIoT(IIoT)市場向けに、AI活用時のデータ取得・処理に適したデータロギング×エッジコンピューティング端末「SENSPIDER」を開発し、11月1日より注文受付を開始することを発表いたします。

製品名 SENSPIDER(センスパイダー)
価格 オープン価格
注文受付開始日 2018年11月1日

 「SENSPIDER」は、広帯域振動センサーなどの高精度なアナログセンサーデータを取得し、その場でAIの解析・判定結果を出力できる、かつてない製品です。
 従来、工作機械/産業機械のコンディションモニタリングは、対象の機器やセンサーの特性に応じて複数の機器を組み合わせたデータロギングシステムが必要でしたが、「SENSPIDER」では、モニタリングに必要となる、センサー用アンプ、データロガー、コンピューティング端末(PC等)、センサー用電源、外部通信インタフェースの5つの機能を1つのユニットに集約しました。また、高速振動センサー、汎用センサー、温度センサーの3種類のインタフェースカードを用意し、お客様のニーズに合わせて、センサー入力インタフェースを最大8chまでカスタマイズ可能としました。さらに、エッジコンピューティング用プロセッサーを搭載しているため、AIアルゴリズム等のデータエッジ処理機能の拡張も可能となっています。
 お客様は本製品を組み込むことにより、AIを活用した異常検知/予知保全等の機能追加の開発を短期間に、かつ低コストで行うことができます。

 マクニカは、本製品のリリースにより、製造現場でのAIの実用化を一気に加速させ、ものづくり変革と産業機器におけるAI市場の拡大に貢献していきたいと考えております。今後は、「SENSPIDER」とIoT・AI関連の各種サービス、ソリューションを組み合わせ、工作機械/産業機械メーカー、製造業のお客様の課題解決を支援してまいります。

※ 写真はイメージです。一部変更になる場合があります。

「SENSPIDER」に関する詳細はこちらをご覧ください。
https://iot-solution.macnica.co.jp/products/hardware/senspider.html

■主な特徴
・機械のコンディションモニタリングに必要な5つの機能(センサー用電源、センサー用アンプ、データロガー、コンピューティング端末、外部通信インタフェース)を集約
・AI活用に必要なデータを抽出してロギング
・3種類のインタフェースカードを組み合わせることにより、最大8chまで任意のセンサーインタフェースにカスタマイズ
・回転体の異常検知に最適な高速サンプリングセンサーの入力が可能
・AIアルゴリズム等のデータエッジ処理機能の拡張が可能
・W150×D85×H100と装置に組み込み可能な小型製品

■ユースケース
1.工作機械/産業機械メーカー様における、IoTとAIを活用した異常検知、予知保全等のファンクション開発時の装置への組み込み用途
- データ取得だけでなく、各工作機械/産業機械メーカー様の製品個別に最適なカスタムアルゴリズムを実装でき、製品開発の期間短縮、開発費用低減に貢献します。
2.製造業のスマートファクトリー化における、装置のデジタル化、IoTとAIを活用した異常検知、予知保全等の導入用途
-さまざまなセンサー入力に対応可能で、重要設備のセンシングデータ取得を1ユニットで実現。スマートファクトリー化に貢献します。

■「SENSPIDER」との連携ソリューションが生み出すプラスアルファの価値
・株式会社IIU社製ソフトウェア「Sigma」※1と連携することにより、リアルタイムに波形品質を確認でき、時系列データの簡易分析が可能です。
・株式会社コアコンセプト・テクノロジー社製ソフトウェア「Orizuru」※1と連携することにより、CNC、PLC、ロボットなどから収集したデータと外付けセンサーデータを組み合わせることができ、工場の各種設備データの利活用とOPC UAによる上位ネットワークとのシームレスな連携を実現します。

※1 株式会社IIU社製ソフトウェア「Sigma」、及び株式会社コアコンセプト・テクノロジー社製ソフトウェア「Orizuru」は、マクニカがご提案するAI×IoTサービスのラインアップの中の1つです。

 マクニカは、2018年11月1日(木)~11月6日(火)に東京ビッグサイトで開催される第29回 日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)に出展いたします。
 工作機械への新たな価値提供をコンセプトに、工作機械の種類(研削盤、マシニングセンター等)やユーザー使用環境(機差、加工条件、対象ワーク等)に応じ、多岐に渡る課題の解決に最適なAI×IoT統合組み込み環境を展示いたします。マクニカの最先端ソリューションを組み合わせ、お客様の課題に合わせた有効データ収集からAI実装・チューニング、Industrie4.0対応までをワンストップで提供します。
 「SENSPIDER」は、量産機への組み込み時にボトルネックとなる各種センサーデータロギング&エッジコンピューティングのハードウェアコストを最適化するためのソリューションとして、今回新たにご紹介いたします。

■JIMTOF2018 マクニカブースのご案内
会  場 : 東京ビッグサイト
小間位置 : 東3ホール E3009
主  催 : 一般社団法人 日本工作機械工業会 /株式会社 東京ビッグサイト

※ 本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

株式会社マクニカ について

マクニカは、1972 年の設立以来、エレクトロニクスおよび情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。また、そこで培ったノウハウを駆使し、IoTの導入をワンストップで支援するソリューション、サービスを提供しています。
当社は、横浜に本社を構え、日本を始めとしたアメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、フランス、イスラエル、香港、台湾、韓国、中国、シンガポール、タイ、インド、マレーシア、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、インドネシアの世界22ヶ国78拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。
詳細はWebサイト( https://www.macnica.co.jp )をご覧ください。

本件に関するお問い合わせは下記にまでお願いいたします。

株式会社マクニカ https://www.macnica.co.jp

経営企画部 広報企画課 宮原 e-Mail:macpr@macnica.co.jp

〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル
TEL:045-470-9851 FAX:045-470-9853