自動運転ソリューション

株式会社マクニカは、エレクトロニクス、情報通信業界をリードする国内外の大手電機・電子機器メーカーをはじめとするお客様に、半導体、ネットワーク関連機器、ソフトウェアなどの高付加化価値商品を提供している「技術商社」です。
同社の車載事業部では、技術商社で培ってきたノウハウから自動運転に必要な要素であるハードウェア(CPU/GPU/FPGA、センサー、PoC等)、ソフトウェア(OS、アプリケーション、ミドルウェア、アルゴリズム等)、チップレベルからシステムレベルまでのセキュリティ、機能安全の全てのプロセスにおいて、コンサルティング及びシステムインテグレーションを提供致します。
我々は、自動運転が実現することで、現在日本が抱えている問題の交通事故、交通渋滞、ドライバー不足、交通弱者、過疎地の公共交通、高齢者の危険運転の解決のお手伝いができればと考えております。
 

Autonomous car by Autonomoustuff
自動運転実証車

MPPA by Kalray
Manycore Processor

Core by Polysync
自動運転用ミドルウェア

  全体に関する問い合わせ  

自動運転実証車 Autonomous car by Autonomoustuff

Autonomoustuff社は自動運転に必要な実証車両へのハードウェア/ソフトウェアのインテグレーションサービスを提供しております。
概要は下記となります。

プラットフォーム自動運転先行開発向け豊富なラインナップで最適な実証車プラットフォームを提供いたします。

プロダクト実証車、センサーモジュール、自動運転ECU、ソフトウェアまで自動運転に必要なコンポーネントのすべてを対応できます。

サービスWW実績が多数あり、お客様のご要求に対して柔軟に対応できます。

ソフトウェアAUTOWAREやDRIVEWORKSはじめ、自動運転に必要なソフトウェアサービスも提供できます。

  Autonomoustuffに関するお問い合わせ  

Manycore Processor MPPA by Kalray

運転環境において、道路上では予期せぬ出来事が多く発生します。そのため、自動運転車には安全性、信頼性、高性能を保証できるプロセッサが必要になると考えております。リアルタイムで動作する革新的なマルチコアMPPA®プロセッサをベースにした、Kalrayの高性能ソリューションは、自動運転車に求められる厳しい環境に適しています。

Karlayの優位性

完全自動運転を実現するには、現在車両に使用されている電子部品の10以上の規模の量を統合する必要があります。Karlayの独自のスーパーコンピューティング・チップ・テクノロジーを使用して、カーエレクトロニクスの全体的な安全性とネットワークのセキュリティを向上させながら、各アーキテクチャを小型プロセッサに統合する可能性を提供します。

KalrayのMPPA®プロセッサは以下を提供します

  • センサーフュージョン
  • ディープラーニング
  • 先進的アーキテクチャー
  • リアルタイムネットワーク
  • ビルトインのサイバーセキュリティ
  • コスト最適された統合システム

  Kalrayに関するお問い合わせ  

自動運転用ミドルウェア Core by Polysync

Polysync Coreは自動運転アプリケーションにおいて、共通のミドルウェアとソフトウェアAPIで構成されたプラットフォームまたは自律型のオペレーティングシステムです。 Polysync Coreは、アプリケーション層より下位層であるオペレーティングシステム(OS)とハードウェアを分離することで自動運転アプリケーションを構築するための一貫性と高い移植性を提供することを可能にします。

上図は、PolySync Coreのミドルウェアを利用できる多くのアプリケーションを紹介しております。これらのアプリケーションは、ハードウェアにとらわれないアプローチで、認知と制御のような自動運転にとって重要な機能を果たすことが可能です。 アプリケーションはPolysyncのソフトウェアAPIを使用してハードウェアとセンサーのデータにアクセス可能です。アプリケーションとログファイルは、Polysync Coreによって異なるアーキテクチャでもECU全体への移植を可能にします。 Polysync Coreを使うことで、お客様が必要なアプリケーション開発に注力できるプラットフォームになります。

  Polysyncに関するお問い合わせ