2019.5.15
株式会社マクニカ

マクニカ テクスター カンパニー、産業制御システムのセキュリティを規定するIEC62443等の実現に適用可能なソリューションを提供
~Mocana社、Spirent社とのパートナーシップを通じ、組込みセキュリティにおけるIoT関連市場の開拓強化~

 半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手がける株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社所在地:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:中島 潔、資本金111億94百万円)テクスター カンパニーは、産業やIoTシステムにおける端末セキュリティソフトウェアのプロバイダーであるMocana Corporation(以下Mocana社)、セキュリティアセスメント並びにペネトレーションテストを提供するSpirent Communications(以下Spirent社)とパートナー契約を締結し、両社が提供するIEC62443で規定されるセキュリティ機能向けソフトウェアと、ペネトレーションテストを中心としたリスクアセスメントによって、IEC62443の準拠または認証取得を目指す、事業者、システムインテグレータ、機器サプライヤの活動を支援します。

 ICTの浸透に伴うサイバー攻撃の台頭とそれに対するセキュリティ対策の発展は十分に知られる程となりましたが、発電所、石油/化学/ガスプラント、製造工場などのインフラ事業の産業制御システムを意味するOT(Operation Technology)に対するサイバー攻撃は、人々の生活や経済に深刻な被害が想定され、強固なセキュリティ対策が求められ始めています。そのため、国際標準規格、業界標準規格の中でも、制御システムの汎用的なセキュリティの標準規格であるIEC62443への準拠または認証取得は、制御システムでも中核を担う、DCS(Distributed Control System)やPLC(Programmable Logic Controller)の調達要件としても盛り込まれ始め、注目を集めています。

 マクニカ テクスター カンパニーはパートナー両者の提供する製品により、事業者、システムインテグレータ、機器サプライヤにおいて、IEC62443の準拠に向けた以下の付加価値を提供します。

  1. IEC62443-3-3 / 4-2準拠に向けたリスクアセスメントと脆弱性診断(ペネトレーションテスト)の提供
  2. IEC62443-3-3 / 4-2で要求されるシステム要件に対するソフトウェアの提供とシステム実装の支援
  3. IEC62443-3-3 / 4-2で要求されるコンポーネント要件に対するソフトウェア・セキュリティハードウェアチップの提供と実装の支援

各社からのコメント

 Mocana社のCEOであるWilliam Diotte氏は次のように述べています。「IEC 62443は数多くあるサイバーセキュリティ規格の中で産業界が最も重要視する規定です。マクニカ テクスター カンパニーとSpirentとパートナーを組むことによりIEC62443の認証の取得を加速化すると共に包括的なソリューションを産業業界に提供することが可能になります。」

 Spirent社のVice President and Head of Spirent Security LabsのSameer Dixit氏は次のように述べています。「重要インフラストラクチャ及び製造工場などへのサイバー攻撃の手段は、日進月歩で変化します。業界をリードする当社のセキュリティエキスパートにより、最新の攻撃手段を網羅した脆弱性評価ならびにコンサルタント業務を提供していきます。マクニカ テクスター カンパニー共に、同業界でのリスクアセスメントの浸透に貢献できることを大変嬉しく思います。」

 今回のパートナー契約は、組込み向けセキュリティにおいて独自技術を持つMocana社、Spirent社と、幅広い顧客層、多くのパートナーを持つ技術商社であるマクニカ テクスター カンパニーの間で、組込みセキュリティにおけるIoT関連市場の開拓強化を目的に合意に至ったものです。当社が持つ広い顧客層と技術力を生かし、組込みセキュリティ市場の普及に寄与するとともに、多くのお客様との連携を積極的に取り組んでまいります。

 また、パートナー両社を含め、協賛5社の産業制御システム向けセキュリティセミナーを開催します。IEC62443を参照し、産業制御システムのセキュリティをご検討のお客様向けに、IEC62443の理解並びに重要性と、準拠に向けた課題解決の方法についてご案内いたします。
詳細はWebサイトをご覧ください。 https://service.macnica.co.jp/contents/131437

■6/18(火)13:00~18:00:大阪開催 TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前 トワイライトC
■6/19(水)13:00~18:00:東京開催 TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター ホール10A

※本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

Mocana Corporation について

2002年に設立し、重要インフラに包括的で規格に準拠しているIoT端末用セキュリティソリュションを提供しています。"Trustcenter™"と"Trustpoint™"はIoTセキュリティのライフサイクル管理を簡素化そして自動化をすることで信頼性・堅牢性・完全性の統合を支援します 。同社のサイバーセキュリティソフトウェアの開発ツールはミッション・クリティカルなセキュリティの統合化はすでに航空宇宙、産業、輸送、エネルギー、医療、通信業界で多大な信頼を得ており、今までに500社以上、1億以上のIoT (組み込み)機器に採用されています。
http://www.mocana.com/

Spirent Communications について

Spirent Communications社は情報通信分野におけるパフォーマンス計測器のリーディングサプライヤです。豊富な実績と経験を基に、ネットワーク分野においては、パフォーマンスに加え、セキュリティテスターや、信頼された国家資格を所有したホワイトハッカーによるペネトレーションテスト(脆弱性診断テスト)を提供し、お客様のセキュリティ環境の構築に貢献します。また、CTIAのCybersecurity Certification Test Plan for IoT Devicesの認証ラボとしても認証を提供しています。
https://www.spirentcom.jp

株式会社マクニカ について

マクニカは、1972 年の設立以来、エレクトロニクスおよび情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。当社は、横浜に本社を構え、日本を始めとしたアメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、フランス、イスラエル、香港、台湾、韓国、中国、シンガポール、タイ、インド、マレーシア、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、インドネシアの世界22ヶ国78拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。
詳細はWebサイト( https://www.macnica.co.jp )をご覧ください。

本件に関するお問い合わせは下記にまでお願いいたします。

株式会社マクニカ  https://www.macnica.co.jp

経営企画部 広報企画課 宮原 e-Mail: macpr@macnica.co.jp

〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル
TEL:045-470-9851 FAX:045-470-9853