社会貢献活動

特別支援(コロナ対策支援)

このたび当社は、2020年度コロナ禍における医療・福祉機関ならびに宿泊療養施設への支援の一助として、港区や横浜市を通じて、N95マスクやミネラルウォーターを寄付し、感謝状や御礼状を頂きました。現在もなお、コロナウイルスに立ち向かわれている各地の自治体や医療機関などの皆様に深く敬意を表しますとともに、依然として大変厳しい状況が続いている中、一日も早くこの事態が終息し、平穏な生活を取り戻せるよう心から願っております。

マスク寄付の感謝状の画像

令和2年5月18日 港区長よりマスク寄付の感謝状

ミネラルウォーター寄付の御礼状

令和2年9月吉日 横浜市長よりミネラルウォーター寄付の御礼状より

大規模災害被災地への復興支援(災害義援金・募金活動等)

当社では、日本国内外を問わず、東日本大震災をはじめとする大規模災害に対し、災害の規模や被害状況の広がりに合わせ災害義援金を本社地元の神奈川新聞厚生文化事業団を通じて日本赤十字社に寄付しております。

記事:令和2年9月11日(金)神奈川新聞掲載「令和2年7月豪雨災害救援金」

記事:令和2年9月11日(金)神奈川新聞掲載「令和2年7月豪雨災害救援金」

国連WFPへの寄付

当社は、2020年3月から飢餓と貧困の撲滅を使命に活動する国連の食糧支援機関、国連WFPの活動に賛同し、その民間協力の支援窓口である国連WFP協会の評議員として支援しています。

国連WFPへの寄付

日本赤十字社:献血活動

当社は、従業員等を対象にした献血活動を毎年実施し、血液不足の現状を解消するため、神奈川県赤十字血液センターに協力しています。この活動は、2002年頃から毎年2回、新横浜地区を中心に、献血バスを当社にお呼びし、献血活動を続けております。

献血車の画像
献血活動の画像

地域清掃と地域貢献

当社では、本社がまだ横浜市緑区の白山ハイテクパークにあった1990年代から、ハイテクパーク内の企業6社合同で、定期的に周辺地域の清掃奉仕活動(ゴミ拾いや草むしり)を行っておりました。この地域貢献の精神を、2002年新横浜への本社移転後も引継ぎ、以来、年2回の環境整備日に合わせ、当社単体で地域清掃を行って参りました。

2018年以降は、本社(新横浜)以外の国内営業拠点でも地域清掃を実施するようにしております。現在、本社地区では毎回300~400人近くの社員が参加し、地域周辺のゴミや草を徹底的に収集頂くことによって近年では新横浜町内会の町内会だよりで毎回その貢献が取り上げられるなど、地域の方にも大変喜んで頂いております。また、地域貢献の一環として、新横浜町内会を通じて、「花と緑のある街づくりプロジェクト」に協賛し、地域の美化と防災に貢献しております。

記事:2019年8月1日:新横浜町内会だより掲載

記事:2019年8月1日:新横浜町内会だより掲載

新横浜町内会を通じて、「花と緑のある街づくりプロジェクト」に協賛

新横浜町内会を通じて、「花と緑のある街づくりプロジェクト」に協賛

ゴミ分別の徹底(横浜3R活動優良事業所としての認定)並びにペットボトルキャップ収集

本社では、横浜市が実施している【3R(Reduce、Reuse、Recycle)活動】に賛同し、2011年(平成23年)の発足当初から参加、現在9年間連続で優良事業所として認定されました。この賞は事業所から排出される一般廃棄物の減量化や資源化を促進するため、事業系廃棄物の分別や発生抑制、再使用、再利用等に顕著な功績のあった事業所に送られる賞です。本社地区では合わせてペットボトルキャップの収集も継続して行って、ゴミ収集会社の「大興資源」様を通じて換金し、「アフリカに学校を作るプロジェクト」の一助として役立てて頂いております。

横浜3R活動優良事業所としての認定

横浜FC:あしながチケットへの協賛

当社は、2018年から本社のある横浜の地元のサッカークラブ「横浜FC」が主催している「あしながドリームチケット」に協賛しております。協賛しているチケットを通じ、購入されたシーズンシートを使用して、神奈川県内の小学校や養護施設の子供たちを横浜FCのホームゲームにご招待する仕組みです。当社では、新しい地域貢献のかたちとして、この基金に協賛(支援)しており、各所に掲載されております。

新横浜町内会を通じて、「花と緑のある街づくりプロジェクト」に協賛

神奈川フィルハーモニーへの支援

当社では2008年から神奈川県内唯一のプロオーケストラである神奈川フィルハーモニー管弦楽団の法人会員となり、社会貢献・地域貢献(CSR)の一環として支援しており、地域に密着した音楽文化の創造に貢献しております。

公演風景
公演風景

ジャパン・バリアフリープロジェクトへの支援

当社は、2019年度より5年間、障害を持つ子供たちが各国の大使館を訪問するプロジェクト活動「2020ジャパンバリアフリープロジェクト」に協賛しております。このプロジェクトは、神奈川ニュービジネス協議会(KNBC)の会員の山田ベンツ氏(ボディーアンドブレイン 代表)が主催している社会貢献(CSR)活動です。本活動は、障害を持つ子供たちが、社会の構成員の一人であることに自信をもってもらうと共に、また受け入れる側にも理解を促進し、共生社会を促進することを目的としております。

ジャパン・バリアフリープロジェクト支援
ジャパン・バリアフリープロジェクト支援

横浜市障害者支援としてのパン販売

当社では、横浜市健康福祉局を通じ、障害のある方の就労支援の一環としてパンや洋菓子(クッキー等)の販売機会の提供を行っております。毎回従業員にも人気を博し、障害のある自分たちが作ったパンやクッキーを直接販売する機会を通じて、働く喜びを感じて貰える貴重な機会となっております。

販売会実施の様子

写真は、2019年8月本社のカフェスペース内における販売会実施の様子。

近隣小中学校への朝日写真ニュースの寄贈

当社では、子供たちが楽しく社会の見聞を広め、さらには学力向上に貢献するために、朝日写真ニュース社が取り扱う“朝日中高生新聞・朝小ニュースあれこれ”を、近隣の小中学校(横浜市立篠原中学校、篠原小学校、城郷小学校)へ寄贈いたしました。次代を担う元気な子供たちが、日本や世界のニュースに触れる機会を増やすことで、明るく豊かな未来の社会づくりの一助といたします。

篠原小へ掲示板を寄贈の様子
篠原中へ新聞ラックを寄贈の様子