ラピスセミコンダクタ株式会社

Lapis semiconductor co.,LTD

2008年5月に沖電気工業から半導体事業を分社し、ロームへ株式を売却することが両社間で合意された。当初は分社後の会社名を「株式会社OKIセミコンダクタ」とする予定であった。前身の沖電気工業の半導体事業として世界の半導体売上19位にランクインした実績もある。ローム傘下なので沖セミコンダクタではなくOKI(おーけーあい)セミコンダクタと呼ぶ。2011年10月1日より 現在のラピスセミコンダクタに社名変更。

センサー マイコン・プロセッサー・DSP メモリー ワイヤレス

主な製品

低消費電力、ハイパフォーマンス、高ノイズ耐性、数多くの安全機能が備わったマイコン製品群に注目

16ビットCPU nX-U16/100を搭載し、タイマ、PWM、コンパレータ、電圧レベル検出回路、UART、I2Cおよび逐次比較型ADコンバータ等、多彩な周辺機能を集積した高性能CMOS16ビットマイクロコントローラです。
3段パイプラインアーキテクチャによる並列処理をすることで1命令1クロックの効率的な命令実行が可能です。また、ソフトウェアによる書き込み可能なデータフラッシュ・メモリ領域を持ちます。さらに、オンチップデバッグ機能を搭載しているため、基板実装状態でのソフトウェアのデバッグや書き換えが可能です。

主な製品

業界初、低電力広域通信(LPWA)対応デュアルモード無線通信LSI「ML7404」をリリース中です

IEEE802.15.4k 準拠の拡散通信を搭載し、低消費電力で、長距離無線通信を実現できます。また狭帯域通信としては、帯域可変のチャネル選択フィルタを実装しているため 12.5kHz および 50kHz 以上のチャネル間隔のシステムに対応が可能です

主な製品

メーカー基本情報

ラピス
会社名 ラピスセミコンダクタ株式会社(Lapis semiconductor co.,LTD)
本社
所在地
〒222-8575 神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-8
設立 2008年10月1日
従業員数 1,337名
会社概要 ラピスセミコンダクタ株式会社は、神奈川県横浜市港北区に本社を置く、LSI等の電子機器を主体に製造するメーカーである。前身は沖電気工業の半導体デバイス事業部門。 低消費電力技術などに強みがある。
Webサイト http://www.lapis-semi.com/jp/

お問い合わせ先

マクニカ エルセナ カンパニー

〒108-0075 東京都港区港南1-8-23 Shinagawa HEART

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

受付:平日 09:00~17:00

製品購入

評価、試作用途、少量の部品購入につきましては、
最新製品を1個から購入できるMacnica-Mouser をご利用ください。

半導体・電子部品の ECサイト 「Macnica-Mouser」