Gorilla Technology エッジAI 技術概要

今まではエッジデバイスで取得したデータをそのままクラウドに送り、クラウド内で学習したデータをエッジデバイスに渡ししていました。

この手法だと学習したデータを更新するまで時間がかかっていました。

Gorilla TechnologyではIVAR™ エッジデバイスで前処理され、その後パブリッククラウド、プライベートクラウド、またはハイブリッドクラウドに渡し分析を実施します。

ビデオおよび画像などの非構造化データは、ディープラーニングを用いて、構造化データに変換されます。

各イベントはソフトウェアによって決定されたストレージに格納され、バイオメトリック認証、アカウント管理、デバイス管理、ビジネスインテリジェンスなど用途ごとに分類されます。

Gorilla Technology エッジAI技術概要図

ケーススタディー

Gorilla Technology IVAR™ に搭載されている最先端のAI技術で、エッジおよびIoTデバイスとCCTV機器からでも、リアルタイムでイベントに対処することが可能です。

監視、セキュリティー、スタッフや訪問者の管理はもちろん、店舗、交通、駐車場を始めとする様々なシーンにおいて使用することができます。

表はGorilla Technology IVAR™ が提供した一般事例となります。

  ヒト 車両 モノ
識別 デモグラフィック分析およびライフスタイルブランドの好みに基づいて、購買客の年齢と性別を特定する 駐車場のリアルタイム混雑状況統計を作成する 犯罪捜査活動の効率化を図るため、車両データを警察機関に送信する
検証 生体認証を使用して出入国情報のコントロールおよび追跡を実施する キャプチャーした車両のナンバープレートをウォッチリストと照合し、貯水池での不法投棄を監視する 手荷物が手元を離れるときに、アラートを受信する
ロケーションに基づく分析 ビデオ分析を活用し、複数のオフィスでの従業員の活動を分析、ワークスペース管理の理解を深める 市内全域のCCTV施設から車両追跡を可能にする iBeacon技術を使用し、旅行者のルートや各地での滞在時間を分析する

お問い合わせ