本イベントの開催は終了いたしました。

イベントの特徴

Ethernet通信におけるPHYデバイスの役割を解説

Ethernet通信におけるPHYデバイスの役割と通信エラー発生時の原因特定するまでの手法を説明します。
本セミナーは、これからEthernet設計に関わる方や、設計の知識を必要な方を対象としたセミナーです。
Ethernet PHYの役割や通信トラブル発生時に、原因特定に最短で辿り着く手法を解説いたします。

 ※ セミナー受講用URL通知がセキュリティーポリシーなどの関係で届かない可能性がございます。開催前日17時までに届いていない場合は、clvinfo@macnica.co.jpまでご連絡いただけますようお願いいたします。

こんな人にオススメです!

・これからEthernet設計に関わる方
・Ethernet PHYの知識を必要とされる方

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2020/12/09
(水)
  • 13:00-14:30
    (受付 12:30 -)

【オンラインセミナーでの開催 】申込みフォームからご登録をお願いします。開催前日17時までにオンラインセミナーへのログインURLをご案内します。開催当日、お時間となりましたらログインURLよりアクセスいただき、ご聴講ください。

  • -
受付終了

アジェンダ

時間 内容
12月9日(水) 13:00-14:30

・Ethernet通信におけるEthernet PHYの役割
・Ethernet PHYのハードウェア構成
・Ethernet PHYの通信
・Ethernet通信における通信トラブルに対して
・Q&A

講師/講師プロフィール

株式会社マクニカ クラビス カンパニー
技術統括部 技術第1部 第1課
大野 兼司
略歴:
2006年より半導体商社にて、オプティカルモジュール、パワーモジュール等のアナログ製品のFAE(フィールドアプリケーションエンジニア)として活動。
2017年より富士エレクトロニクス~マクニカにて、テキサスインスツルメンツ社アナログ製品のFAEとして、技術サポートに従事。
2018年日本TI Power Field Specialist 認定取得。

主催・運営

株式会社マクニカ

注意事項

以下の内容を必ずご確認ください。

・開催当日は弊社オフィスにご入場いただけません。ご自身のPCからご受講ください。

・セミナーの内容については予告なく変更する場合があります。