本イベントの開催は終了いたしました。

イベントの特徴

セミナー内容

本ワークショップは、マイコンの基礎的な機能をハンズオンを交えながら理解してもらうワークショップです。
今回は初めてマイコンを触り、理解いただく上で最適なTexas Instruments社(以下TI)の超低消費電力マイコン、MSP430シリーズの評価ボードを使って学んでいただきます。

本セミナーではマイコンの基本となる下記4つのセクションを用意しております。
・マイコンの初期化と汎用ピンの使い方
・ADコンバータの使い方
・タイマーと割り込みの使い方
・低消費電力化のアプリケーションに向けて

各セクション毎に参加者自身でTI社提供の統合開発環境(Code Composer Studio)を使用したコーディング、書き込み、デバッグのマイコン開発における一連の流れを体験することでマイコン開発の理解を深めて頂きます。

こんな人にオススメです!

初めてのマイコンの開発を検討されている方
マイコンの開発の基礎を勉強したい方

※マイコンの開発経験があり、MSP430について学びたい方は TI マイコン MSP430の基本がわかるハンズオンワークショップ がおすすめです。

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2019/06/19
(水)
  • 09:30-17:00

品川会場:マクニカ 品川オフィス

  • 8名
受付終了

アジェンダ

時間 内容
9:30-11:00

1. セミナー

・Opening
・MSP430概要
・開発環境紹介

11:00-16:30

2. ハンズオン

MSP430G2 評価キットを使ったハンズオン
・初期化とGPIOの使い方
・ADコンバータの使い方
・タイマーと割り込みの使い方
・低消費電力モードの使い方

16:30-17:00

3. セミナー

・質疑応答 / Closing

※運営はマクニカと富士エレクトロニクスの共同で行います。

持ち物

名刺2枚をご用意ください。
昼食は各自でご用意ください。

当日使用する機材はお貸出しします。

・評価基板:MSP430G2 評価キット MSP-EXP430G2
・PC

主催・運営

株式会社マクニカ
富士エレクトロニクス株式会社