本イベントの開催は終了いたしました。

イベントの特徴

ワークショップ内容

 

Arm® Cortex® -Mマイコンを使った開発フローについて、開発ツールと評価キットを使って学んでいきます。
開発ツールには、arm正規代理店 DTS インサイト様(旧、横河ディジタルコンピュータ)ご協力のもと、業界標準の開発環境である MDK-Arm(arm社純正) を使用します。
また評価キットには、Silicon Labs社製 EFM32スターターキットを用います。

ハンズオンに使用しますので、ノートPCをご持参下さい。事前に開発ツールのインストールをお願い致します。(インストールしていただくソフトウェアにつきましては、後日ご連絡させていただきます)
インストールに不安のある方は、30分前にご来場頂ければインストールをお手伝いします。
評価キットは弊社にてご用意いたします。

こんな人にオススメです!

 ・非Arm マイコンを使っているが、Arm マイコンに興味がある!
・業界標準の開発環境 MDK-Armを使ってみたい!
・一通りの使い方について、講師から直接説明を受けて理解したい!

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2018/11/02
(金)
  • 13:30-17:30

新宿会場:マクニカ 新宿オフィス

  • 8名
受付終了

アジェンダ

時間 内容
30分

1. Arm® Cortex® -Mの概要 (講師 : DTS インサイト様)

35分

2. ハンズオン環境の紹介 (講師 : マクニカ)

・EFM32スタータキットとSimplicity Studioのご紹介
・パワーモードと消費電流計測について(Energy Profiler)

130分

3. MDK-Arm を使ったハンズオン (講師 : DTS インサイト様)

・Arm 純正開発ツール
・サンプルコード動作
・プロジェクト管理
・コンパイラ最適化

5分

4. マクニカオンラインサービス・サポートシステムのご案内