[オンラインセミナー]製品化を見据えたAI開発の進め方~侵入検知システムを題材にしたNVIDIA Jetson/SDKの活用ノウハウ~<無料>

本イベントの開催は終了いたしました。

イベントの特徴

AI技術が注目されてからここ数年多くの企業や団体様にて調査がおこなわれてきました。自社製品に付加価値を付け、より良い製品を開発すべく調査しているものの、その技術を活用して製品化まで進めるにはハードウェア、ソフトウェアの選定やそれらを使いこなすまでの知識習得に悩まれているお客様も多いと思います。そこで、本セミナーでは監視カメラの映像処理による侵入検知システムといった具体的な題材を設定し(例えば製造や建設現場での安全確保に活用いただけるようなアプリケーションイメージ)、NVIDIA社のJetsonやSDKを使用してより実践的な開発の進め方を解説します。NVIDIA社はAI開発を加速するハードウェアやソフトウェアを数多く提供しており、PoCや実開発へ進むイメージを持っていただくための機会として活用いただけたら幸いです。



本セミナーで題材としましたアプリケーションは、株式会社Ubicomホールディングスにご協力いただき開発しました。株式会社UbicomホールディングスではAI開発におけるオフショアビジネスを展開しております。
https://www.ubicom-hd.com/ja/index.html

 

こんな人にオススメです!

・AI開発のイメージを掴みたい方
・JetsonやNVIDIA DeepStream SDKを活用したい方

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2021/10/21
(木)
  • 13:00-14:00
    (受付 12:30 -)

【オンラインセミナーでの開催 】申込みフォームからご登録をお願いします。開催前日17時までにオンラインセミナーへのログインURLをご案内します。開催当日、お時間となりましたらログインURLよりアクセスいただき、ご聴講ください。

  • -
受付終了
2021/10/22
(金)
  • 13:00-14:00
    (受付 12:30 -)

【オンラインセミナーでの開催 】申込みフォームからご登録をお願いします。開催前日17時までにオンラインセミナーへのログインURLをご案内します。開催当日、お時間となりましたらログインURLよりアクセスいただき、ご聴講ください。

  • -
受付終了

アジェンダ

時間 内容
10/21(木) 13:00-14:00

<第1回>

・はじめに
・AIを使った課題解決やAIの開発フローについて
・NVIDIA社の製品/SDKがなぜAI開発に向いているのか
 - NVIDIA社が提供するJetsonやDeepStream SDKなどのソフトウェアについて
 - NVIDIA社製品を使用する利点
・DeepStream SDKを用いた侵入検知アプリケーションの概要紹介
・侵入検知アプリケーションのデモの説明
・まとめ

10/22(金) 13:00-14:00

<第2回>

・第1回のおさらい
・DeepStream SDKを用いた侵入検知アプリケーションの開発
 - DeepStream SDKを使用した開発イメージ
 - MQTTを使ったスマートフォンアプリとの連携
・侵入検知アプリケーションのデモの説明
・まとめ

講師/講師プロフィール

株式会社マクニカ クラビス カンパニー

技術統括部技術第2部第1課

酒田 慎哉

 

NVIDIA社Jetson製品のFAEとして技術サポートに従事。

 

 

株式会社マクニカ クラビス カンパニー

技術統括部技術第2部第1課

海上 秀徳 

 

ASIC設計/開発や、FAEとして半導体ICの技術サポートに従事した後、

NVIDIA社製品に関する技術サポートを担当。

主催・運営

主催:株式会社マクニカ

注意事項

以下の内容を必ずご確認ください。

・開催当日は弊社オフィスにご入場いただけません。ご自身のPCからご受講ください。

・セミナーの内容については予告なく変更する場合があります。