イベントの特徴

セミナー概要

 

ModelSim DE のデバッグ機能 「アサーションベース検証(ABV)」、
「コードカバレッジ」、「データフロー」の効果を講演と演習で体験できるセミナーです。特に「アサーションベース検証」は FPGA デザインの半数以上に活用されているお勧めの検証手法です。
まだ「アサーションベース検証」をご利用された事のない方は、この機会に検証効率を上げるデバッグ機能を体験してください。

 

FPGA の検証について

FPGA の検証には下記の特徴があります。

●1つの検証手法だけで全てのバグを検出できない。

●各々の検証手法には、メリットとデメリットがある。

●検出率が90%を越えると、更に向上させるのが困難になる。

 

よって、FPGA の品質を向上させる効率的な方法は、特徴の異なる様々な検証手法を組み合わせることです。

論理シミュレーションと実機検証、論理シミュレーションとアサーションベース検証はお互いの長所と短所をカバーします。

 

本セミナーを受講いただくことで、論理シミュレーション以外のデバッグ機能を使用した、より効率的な FPGA の品質向上方法を学ぶことができます。

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2019/10/25
(金)
  • 13:30-17:00
    (受付 13:00 -)

品川会場:マクニカ 品川オフィス

  • 15
受付終了

アジェンダ

時間 内容
13:30-17:00

ModelSim DE の概要
・ 基本機能
・ 実行フロー
・ インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアとの連携(NativeLink 機能)

アサーションベース機能の活用
・ アサーション検証の概要
・ アサーション記述方法の基礎
・ 演習

その他のデバッグ機能と活用方法
・ コードカバレッジ
・ データフロー
・ 波形比較
・ 演習

※アジェンダは変更させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

対象者

 ・FPGA の開発・検証者またはプロジェクト・リーダー
 ・FPGA の開発効率を上げたい方

主催・運営

(株)マクニカ アルティマ カンパニー

注意事項

以下、必ず確認してください。

申し込み多数の場合には抽選となることがございます。ご了承ください。

お問い合わせ

お問い合わせ