[オンラインセミナー] 低速自動自律運転の最新動向とテクノロジー活用セミナー <無料>

本イベントの開催は終了いたしました。

イベントの特徴

自動、自立走行アプリケーションにおける最新テクノロジーのご紹介

自動、自律運転向けテクノロジーの研究開発、量産製品への適用は、昨今自動車業界だけではなく、搬送ロボット、建設機械、農業機械のような低速領域で動作するロボット業界にも広く浸透してきており、最新のテクノロジーを有効に利用することが製品の差別化ポイントになることはもちろん、迅速に製品を市場投入する上で大きな手助けになりえます。

そこで、本オンラインセミナーでは、低速で動作するロボティックス・アプリケーションにスポットを当て、良質なデータを取る上での最適なセンシング環境の選択、自動運転に必要な認知・判断・操作の全てに対応した統合プラットフォーム・ソリューションについてご紹介します。

こんな人にオススメです!

・AGV/AMR、建設機器、農業機械等の自動自立運転システムの構築をされている方
・自動、自律運転向けテクノロジーの導入をご検討されている方
・VSLAM テクノロジーにご興味のある方
・自動、自律運転向けプロセッシングにご興味のある方
・自動、自律運転向けセンシングにご興味のある方

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2021/10/29
(金)
  • 13:30-14:30

ご自身のデスク上で受講可能

  • -
受付終了

アジェンダ

時間 内容
13:30-13:40

無人搬送ロボットのマーケットトレンド マクニカ


eコマースの成長により、倉庫自動化の要求が高まり、無人搬送ロボットの需要が非常に高まっています。本セッションでは、無人搬送ロボットにフォーカスしたマーケットトレンドについてご説明いたします。

13:40-14:00

自動運転開発加速に伴う3Dセンサーや認識・SLAM等の開発トレンド マクニカ


乗用車やロボタクシーの自動運転のテクノロジーの発展に伴い、LiDAR等の3Dセンサーや、後段のソフトウェアの開発が加速しています。このようなテクノロジーのスローモビリティへの展開も進んでまいりました。本セッションでは3Dセンサーや認識(Perception)やSLAM等のトレンド等を中心にご説明いたします。

14:00-14:20

低速自動・自律運転システム向けDMP AI技術ソリューションのご紹介 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル 様


DMPでは低速度自動・自律運転システムや先進安全運転支援システムに特化したAI技術ソリューションを提供しています。そこで本セッションでは、DMP SLAMソフトウエア「ZIA SLAM」を内包した自動・自律運転向けソフトウエアプラットフォーム「ZIA MOVE」を中心にご紹介します。ZIA MOVEは、あらかじめ地図情報が用意されていない倉庫、工場、オフィスなどの室内や農場などの私有地を低速で自律走行するアプリケーション向けに最適なソフトウエアとして提供しています。

14:20-14:30

自動、自律運転に最適プロセッシング環境


自動、自律運転システムを構築するにあたっては、さまざまな外界の状態をセンシングしたデータをもとにSLAM処理、AI処理を高速に処理する必要があります。そこで本セッションでは、スローモビリティアプリケーションに向けた最適なコントローラー環境をご紹介いたします。

主催・運営

株式会社マクニカ アルティマカンパニー

注意事項

・ 競合の方はご遠慮いただけますようお願いいたします。ご連絡させていただく場合がございます。何卒ご了承ください。
・ 開催当日は弊社オフィスにご入場いただけません。ご自身の PC からご受講ください。

お問い合わせ

お問い合わせ