[オンデマンドセミナー] LiDARとカメラのセンサーフュージョンによる高精度検出の実現 <無料>

イベントの特徴

センサーフュージョンテクノロジーをお探しの方

昨今、比較的環境を選ばず高精度、長距離の物体との距離を測る事ができるLiDAR(Light Detection and Ranging:光検出・測距、ライダー)を使った測距システムの需要が増えています。またカメラなど他のセンサーと組み合わせるセンサーフュージョンにより、測距だけでなく様々な活用方法が考えられます。

このセミナーでは、LiDAR性能のポイントとなるアナログ半導体部品から、FPGAによる信号処理、さらにAIと組み合わせた測距と物体認識のセンサーフュージョンのデモ構築の方法まで、アナログ・デバイセズのLiDAR開発プラットフォームとIntel® OpenVINO™を使ってご紹介します。

セミナーの最後には、ADIのLiDARのDemo-Kit(AD-FMCLIDAR1-EBZ)とIntel® FPGAのDev-kit(Arria® 10 SoC)、Intel® のMovidius™ Myriad™ X Vision Processing Unitsを組み合わせたデモの様子も紹介!

 

こちらのセミナーはオンデマンド形式を使用していますので、ご登録いただいた方は期間中何度でも無料で受講でき、隙間の時間に分けて受講することも可能です。単発で完結するセミナーになっていますので、複数回受講する手間がかかりません。

 

 

受講の流れ
1. Web でお申込み
2. ご自身の PC からインターネットに接続
3. 登録後に送られてくるリンクからセミナーを視聴 
4. 視聴後、アンケートに回答いただくとセミナー資料がダウンロードできます。

こんな人にオススメです!

・工場や公共交通機関のセキュリティ監視をご検討の方

・ロボット、AGV、重機、農機、建機むけに新しいセンサーをお探しの方

・カメラ監視にセンサーフュージョンをご検討の方

・人数カウントなどをご検討の方

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2022/07/01(金)

2022/08/31(水)
  • 約60分

8/31までの期間中、ご自分のデスク上でいつでも受講いただけます

  • 無制限

アジェンダ

時間 内容
約60分

1. LiDARセンサーの基礎
2. LiDARプロトタイピングプラットフォームの紹介
3. Intel® OpenVINO™によるカメラ画像AI推論の紹介
4. FPGAを使ったLiDARとカメラのセンサーフュージョンの構築方法
5. デモソフトの紹介(実際の動作を動画でご覧いただけます)

-関連リンク

用途に合わせてカスタマイズ可能!LiDAR開発向けプラットフォーム

主催・運営

マクニカ アルティマカンパニー

注意事項

競合の方のご参加は、お断りする場合がございます。何卒ご了承ください。

お問い合わせ

お問い合わせ