[オンラインセミナー] MEMS加速度センサーを使った状態基準保全(CbM)クラウドアプリ開発セミナー <無料>

本イベントの開催は終了いたしました。

イベントの特徴

これから振動を使った予防保全をご検討される方に最適なセミナーです

近年、産業分野において「メンテナンスの効率化」「ダウンタイムの軽減」を改善するために、機器の状態変化をモニターすることでより早く異常を検知し、機器の故障予防をおこないたいというニーズが高まっています。こうした状態基準保全(CbM)で用いられるセンシング技術の中でも、振動は変化の初期兆候を得ることができる重要なパラメーターです。

 

本セミナーでは、様々な目的/レベル感で振動による予防保全を検討されていお客様に向けて、いま注目の高周波対応MEMS加速度センサーを使用した振動解析ソリューションや、振動データをPythonやMATLABへ直接ストリーミングできるCbM開発プラットフォーム、また3G/4G LTEを使ってクラウドに接続し手軽にアプリケーションを開発できるローコード開発環境をご紹介します。

こんな人にオススメです!

・Python/Matlabを使って、CbMアルゴリズムを検討したい方

・振動センサーを活用した設備保全にご興味のある方、検討中の方

温度、振動などのセンサーデータの可視化、クラウド化の方法をお探しの方

・IoTにご興味のある方、検討中の方

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2021/07/14
(水)
  • 13:00-15:00
    (受付 12:55 -)

オンライン

  • -
受付終了

アジェンダ

時間 内容
13:00-15:00

・振動センシングによる状態基準保全(CbM)の概要
・振動センシングとデータ収集を兼ね備えたCbM開発プラットフォームのご紹介
・高周波MEMS振動センサーを使用した振動解析装置と事例のご紹介
・ブラウザを使ったクラウドアプリ開発のご紹介
・Q&A

*セミナーは1時間半、Q&Aは30分を予定しております

 【協力会社様ご紹介】

アナログ・デバイセズ株式会社

インヴェンティット株式会社

株式会社 CANDY LINE

ユークエスト株式会社

 

 

- 関連リンク

CN0549:状態基準保全(CbM)開発プラットフォーム

Cloud接続可能な振動計測

注意事項

競合の方のご参加は、お断りする場合がございます。何卒ご了承ください。

お問い合わせ

お問い合わせ