【オンデマンドセミナー】ノイズキャンセルなどシステム・レベルでのコスト削減を実現できるA2B技術とは? ~新たなバス通信テクノロジーでノイズキャンセル、CbM、センサーネットワークの簡素化を実現!~ <無料>

イベントの特徴

A2Bの活用方法をご紹介!

A2Bとは「オートモーティブ・オーディオ・バス」の略称で、その名の通り、電装化が進む車載インフォテインメントのオーディオ用ハーネスの軽量化(低燃費化)・低コスト化を目的に開発された新技術です。

 

今回のセミナーでは、マクニカのエンジニアが、A2Bを使った産機むけCbMシステム構築から音響のノイズキャンセリングなど、A2Bを使ったシステム導入のアイディアを、機能の紹介を交えてご紹介します。

 

新技術のA2Bってなんだろう、どのような分野に活用ができるかイメージがわかないなどのギモンをお持ちの方におすすめのセミナーです。

 

こちらのセミナーはオンデマンド形式を使用していますので、ご登録いただいた方は期間中何度でも無料で受講でき、隙間の時間に分けて受講することも可能です。単発で完結するセミナーになっていますので、複数回受講する手間がかかりません。

 

受講の流れ
1. Web でお申込み
2. ご自身の PC からインターネットに接続
3. 登録後に送られてくるリンクからセミナーを視聴 
4. 視聴後、アンケートに回答いただくとセミナー資料がダウンロードできます。

こんな人にオススメです!

・アプリケーションシステム構想の新たなアイディア探しをされている方

 - CbM

 - ノイズキャンセリング

 - ビームフォーミング

 - ロボットアーム制御

 - 室内環境モニター(センサーネットワーク)

 

・A2Bの活用方法をイメージしたい方

日程・お申し込み

日程 時間 会場 定員 お申し込み
2022/07/01(金)

2022/08/31(水)
  • 約40分

8/31までの期間中、ご自分のデスク上でいつでも受講いただけます

  • -

アジェンダ

時間 内容
約40分

■A2Bとは?
■A2Bの概要
-広帯域50Mbps、 40メートル伝送、低遅延 50us
-シールドなしツイスト・ペア・ケーブル、同期式、デイジー・チェーン
-基板間 I2S/TDM・I2C・GPIO、電源も伝送
-プロトコル制御不要
■<アプリ例 その1> ノイズキャンセル マイクネットワーク
■<アプリ例 その2> CbM 室内環境モニター
■A2Bの評価環境&デモ
■A2BのWebサイト情報

■セミナー受講の準備

準備は不要です。

セミナーでは、はじめてA2Bの説明を受ける方むけに内容を構成しています。
※お時間のある方は、あらかじめA2Bの製品記事「省配線で低遅延50Mbps通信!アナログ・デバイセズの新シリアルバス「A2B」」をご覧いただくと理解が深まります。 

注意事項

注意事項

競合の方のご参加は、お断りする場合がございます。何卒ご了承ください。

お問い合わせ

お問い合わせ