SiCJFETを使用する際の課題をカスコード接続によって緩和する方法

この記事では、カスコード接続でのJFETの使用について説明し、固有のダイオードと標準の低電圧MOSFETの駆動電圧を利用してこれらの問題の両方を解決します。 また、短絡およびアバランシェ状態に関するカスコード接続でのSiCJFETの一般的な堅牢性についても説明します。

英語版は以下にあります。

資料ダウンロードはこちら

日本語版のアプリケーションノートは以下からダウンロードをお願いいたします。


※正式版のドキュメントは英語版をご参照ください。日本語版の資料につきましては参考資料としてお取り扱いください。

UnitedSiC メーカー情報Topページへ

UnitedSiC メーカー情報Topページへ戻りたい方は、以下をクリックください。