条件を指定して絞り込む

現在1128件がヒットしています。check

記事カテゴリ
製品カテゴリ
メーカー

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z

このBluetooth Low Energy開発ボードは「X-NUCLEO-IDB05A1」と「NUCLEO-F401RE」の2枚の開発ボートで構成されています。

左の「NUCLEO-F401RE」開発ボードはSTMicroelectronics社が提供するマイコン開発ボードです。

高性能なArm® Cortex® -M4を搭載したSTM32F401xD/xE デバイスが実装されています。この開発ボード単体でもSTM32F401xD/xE の評価を行うことができます。

右の「X-NUCLEO-IDB05A1」拡張ボードは、Bluetooth Low Energyモジュール「SPBTLE-RF」を搭載した開発拡張ボードです。
上記のマイコン開発ボード「NUCLEO-F401RE」に接続して開発を行う事ができます。

Article header img01  20
左 NUCLEO-F401RE、右 X-NUCLEO-IDB05A1

Bluetooth Low Energy 開発ボードの特長

  • Bluetooth 4.1をサポートしているので電力、電池アプリケーションに対応
  • マスター、スレーブ、マルチロール対応でニーズに合わせて開発が可能
  • BLE プロトコルスタック内蔵で開発が容易(GAP、GATT、SM、L2CAP、LL、RFPHYに対応)
  • 評価完了後、Bluetooth Low Energyモジュール「SPBTLE-RF」を量産品にご利用可能
  • 開発ボードのコネクタはArduino™ UNO R3に対応しているため、Arduino UNO製品とも接続可能
  • Bluetooth Low Energyミドルウェアも提供しているので、ミドルウェアを用意することなくそのまま利用可能
  • Android and iOSアプリケーションのリファレンスを無償で利用できるため、スマートフォン、タブレットとの連携も容易に実現

わずか数分で評価を開始

この開発ボードを使用してBluetooth Low Energyの評価を始めるには大きく以下の3ステップですぐに評価を開始できます。

1. 必要な機器を準備する

必要な機器を準備して接続を行います。

  • NUCLEO-F401RE 開発ボード 1台
  • X-NUCLEO-IDB05A1 開発拡張ボード 1台
  • 開発用PC 1台
  • USBケーブル
  • スマートフォン、またはダブレット


※PCと開発ボードはUSBケーブルで接続します。
※開発ボード同士はArduino UNO R3コネクタ経由で接続します。

2. 必要なソフトウェアをインストールする

  • USBドライバ ST-LINK/V2-1(STSW-LINK007)
    PC用USBドライバ
  • ファームウェア ST-LINK/V2-1(STSW-LINK009)
    基板に実装されているプログラマーのファームウェアをアップデート
  • ソフトウェア X-CUBE-BLE1
    Bluetoothモジュール用ドライバ、Bluetooth Low Energyミドルウェア、プロファイル、サンプルコードを提供するソフトウェア(サンプルソースコードも含む)
  • Bluetooth評価ツール BlueNRG DK
  • スマートフォン向けアプリケーション ST BlueNRG
    Google playまたはApp Storeから無償でダウンロード


※ST-LINK/V2-1、ST-LINK/V2-1、X-CUBE-BLE1、BlueNRG DKそれぞれのソフトウェアはSTMicroelectronics社のWEBサイトから無償でダウンロードできます。

3. サンプルプログラムで評価を開始する

Article header img03  19

X-CUBE-BLE1ソフトウェアを立ち上げ、サンプルプログラムをPC経由で開発ボード上のマイコンへ書き込みます。
開発ボードとスマートフォンをBluetooth経由で接続することですぐに評価を開始できます。

以下のプロファイル利用することができます。

Slave profiles (peripheral role)Master profiles (central role)Non Standard Slave profile (peripheral role)
  • AlertNotificationClient
  • BloodPressureSensor
  • FindMeLocator
  • FindMeTarget
  • GlucoseSensor
  • HealthThermometer
  • HeartRate
  • HumanInterfaceDevice
  • PhoneAlertClient
  • ProximityMonitor
  • ProximityReporter
  • TimeClient
  • TimeServer
  • HeartRateCollector
  • TimeClient
  • FindMeLocator
  • BloodPressureCollector
  • HealthThermometerCollector
  • AlertNotificationClient
  • GlucoseCollector
  • AppleNotificationCenterService


アプリケーション例

  • スマートフォン、タブレット周辺機器
  • 時計
  • フィットネス、ウェルネス、スポーツ機器
  • コンシューマ向け医療機器
  • ホームオートメーション
  • 産業用オートメーション
Article header img04  16
アプリケーション例

製品概要

型  名NUCLEO-F401RE
特  長
  • STM32 microcontroller
  • External SMPS to generate Vcore logic supply
  • 1 user LED shared with Arduino™
  • 1 user and 1 reset push-buttons
  • 32.768 kHz LSE crystal oscillator
  • Board expansion connectors:
    • Arduino™ Uno V3
    • ST morpho extension pin headers for full access to all STM32 I/Os
    • External SMPS experimentation dedicated connector
  • Flexible power-supply options : ST-LINK USB VBUS or external sources
  • On-board ST-LINK/V2-1 debugger/programmer with USB re-enumeration capability. Three different interfaces supported on USB: mass storage, virtual COM port and debug port
  • Comprehensive free software libraries and examples available with the STM32Cube MCU Package
  • Support of a wide choice of Integrated Development Environments (IDEs) including IAR™ , Keil® , GCC-based IDEs, Arm® Mbed™
  • Arm® Mbed Enabled™ compliant (only for some Nucleo part numbers)


型  名X-NUCLEO-IDB05A1 NUCLEO-F401REのBluetooth Low Energy拡張ボード
特  長
  • Bluetooth Low Energyモジュール「SPBTLE-RF」搭載
  • Bluetooth4.1
  • Arduino UNO R3コネクタ対応 Tx power:+4dBm Rx sensitivity:-88dBm
  • AESセキュリティ
  • チップアンテナ内蔵



商品の購入はこちら

NUCLEO-F401RE
X-NUCLEO-IDB05A1

メーカーサイト/その他関連リンクはこちら

NUCLEO-F401RE
X-NUCLEO-IDB05A1
SPBTLE-RF