非接触ユーザーインターフェースの必要性

なぜ今非接触ユーザーインターフェースが求められているのでしょうか。

 

非接触ユーザーインターフェースは、直感的で複雑な操作が不要で、初めての方でも簡単に操作ができます。手袋をしている状態などでも直接触れることなく操作ができるため、さまざまな場所で利用できます。

さらに、現在の生活スタイルにおいて、不特定多数の人が触る操作パネルなど、モノに触れる行為自体がためらわれています。そのため、清掃や消毒作業が多く発生しており、非接触ユーザーインターフェースが求められ注目される技術となっています。

フィンガージェスチャー認識ソリューション

今回ご紹介するフィンガージェスチャー認識ソリューションは、アナログ・デバイセズ社が提供する超低消費電力マイコンADuCM4050と光学式ジェスチャーセンサーADUX1020、IR LEDのみのシンプルな構成に、QuantumCore社の超省メモリーエッジAIソリューション「EdgeQore Lite」を実装し、カメラを使用せず、従来難しかったジェスチャーセンサーのみでの複雑なジェスチャー認識を可能とし、フィンガージェスチャー認識を実現しました。

「光学式ジェスチャーセンサー + AIで実現する」非接触ソリューションデモ動画

光学式ジェスチャーセンサーとエッジAI端末で実現できるフィンガジェスチャー認識ソリューションの一例として、以下機能のデモンストレーションを動画にてご覧いただけます。

・タッチパネルなどにある0から9の数字キーを想定した数字認識モード
・指の軌跡を認識しエッジAIにてリアルタイムに学習・識別する個人認証モード

本ソリューションの特徴

・低消費電力マイコンとジェスチャーセンサー、IR LEDのみで高精度なフィンガージェスチャー認識を実現

・エッジAIでリアルタイムに学習と推論を行うことで、自由度の高いパネルレイアウトや新しいジェスチャーも学習

・人の癖などを簡単に高精度に学習推論するキャリブレーション機能(ジャンケンも認識できます)

 

本ソリューションの構成

フィンガージェスチャー認識エッジAI端末

このエッジAI端末は以下のボードで構成しています。

 

EV-COG-AD4050LZADuCM4050搭載のIoT開発プラットフォーム

EV-GEAR-EXPANDER1Z:Arduinoシールド互換のGPIO拡張基板

・ジェスチャー基板:ADUX1020、IR LED搭載のセンサー基板

・キャラクターLCD:I2C接続4x16キャラクターLCD

お客様の導入メリット

・インフラ、民生、産業機器、医療機器などの幅広い操作端末を非接触化

・操作画面の清掃や消毒作業の負担軽減

・操作パネルを直接操作しないことによる故障率の低下

・接触感染対策のアピール

・非接触の導入でエンドユーザーの安心感が増しCS向上

エッジAIソリューション「EdgeQore Lite」とは

QuantumCore社の独自技術によってレザバーコンピューティングを基にRNN(Recurrent Neural Network)を開発。「少量データ」を「エッジ上」で「リアルタイム学習」できる多変量時系列処理ソリューション「Qoreシリーズ」を提供し、今回のフィンガージェスチャー認識ソリューションには、超省メモリーエッジAIソリューション「EdgeQore Lite」を実装。低消費電力マイコンADuCM4050上で6つのAIモデルのリアルタイム学習および推論を同時実行可能にしています。

 

QuantumCore社の詳細はこちらをご覧ください。株式会社QuantumCoreホームページ

お問い合わせ

本記事では、光学式ジェスチャーセンサーとエッジAIでのフィンガージェスチャー認識ソリューションについてご紹介をしましたが、いかがでしたでしょうか?本ソリューションについて、詳細の説明を受けたい、ここが気になるので質問をしたい!という方は、以下のボタンからお気軽にお問い合わせください。

おすすめ記事/資料はこちら

簡単!ジェスチャーセンサー:アナログ・デバイセズ社製 ADUX1020の紹介

簡単!ジェスチャーセンサー:アナログ・デバイセズ社製 ADUX1020を動かしてみる
加速度センサーで超低消費電力モーションスイッチ を実現
センサーとは何か?電子化、IoT化のための基礎知識

商品のご購入はこちら

ADuCM4050

ADUX1020

EV-COG-AD4050LZ

EV-GEAR-EXPANDER1Z

アナログ・デバイセズ メーカー情報Topへ

アナログ・デバイセズ メーカー情報Topページへ戻りたい方は、以下をクリックください。