セキュリティ運用

『何を使うか』ではなく『どう使うか』

サイバー脅威の高度化に伴い、セキュリティベンダは日々、新たな技術研究やソリューション開発を進めています。

しかし、昨今の脅威に対応するためには、多機能・高性能なソリューションを導入するだけ効果が薄く、最適な活用方法もあわせて考える必要があります。

私たちは、導入のベストプラクティスや運用ユースケースなど、最大限有効活用していただくための「セキュリティ運用インテリジェンス」を提供いたします。

セキュリティ運用インテリジェンス

ここ数年でセキュリティの様相は大きく変化し、昨今の脅威に適切に対応するためには、最新鋭のセキュリティ製品をどう使いこなすかが重要になっています。言い換えると、最新のセキュリティ製品を導入・設置して終わりという時代は過ぎ去り、それを使いこなす必要があるとも言えます。

そこで必要になるのが、『セキュリティ運用インテリジェンス』という考え方。マクニカは、お客様から直接運用の実態をヒアリングすることを重要と考えています。様々な業種・規模のお客様から、ユースケースや運用上の課題などをお聞きし、どのようなお客様にも最適なセキュリティ提案をできるよう、『セキュリティ運用インテリジェンス』を蓄積し、活用していきます。