特権ID管理再考デジタル時代のサイバーセキュリティ対策

近年、新たなテクノロジーを活用したデジタルトランスフォーメーションの適用が進んでおり、クラウドやモバイル、RPA、IoT等を活用したビジネスプロセス革新・業務効率化の実現をめざす企業が増加しています。しかし、デジタルトランスフォーメーションを実現するためには、業務効率化という「攻め」の姿勢だけでなく、顕在化しつつあるサイバーリスクへの対応などの「守り」の姿勢も求められます。そのため企業では、セキュリティ対策のあり方を再考する必要に迫られています。

本記事では、このような状況を解決するための有効な対策の一つである特権ID管理のトレンドを解説するとともに、特権ID管理市場においてNo.1のソリューションであるCyberArk製品をご紹介させていただきます。

本レポートでわかること
  • クラウド時代に求められる特権ID管理の新たな常識と高度なサイバー攻撃から企業を守るための導入アプローチ
  • 複雑化を増す特権ID管理への解 ~構想策定から始める特権ID管理高度化プログラム
  • グローバルNo. 1の特権ID管理ソリューション、CyberArkが選ばれる理由
  • DX時代の特権ID管理ソリューション「CyberArk PAS」のご紹介

ITのクラウド化が進み、システムやデータを「外部」に置 く企業が増えていますが、これに伴い重要な情報が盗み出され漏えいするリスクも増加しています。情報漏洩等の重 大インシデントが発生した場合には、企業は原因の追究に 着手し、関係各所に報告することが求められ、ビジネスに 大きなインパクトが発生します。
このような状況において、ますます重要性が高まっている のが特権IDの管理です。IT の活用が進んでいるアメリカ ではすでに特権ID市場が盛況ですが、近年日本でも注目 されるようになっています。

海外では、法令準拠のための要件として特権IDの整備が 求められていたため、特権ID管理の高度化を実施した企 業が多くなっています。中でも金融機関は、早くから特権 ID管理の整備が求められていたこともあり、早期に対策 を進めてきました。さらに、最近はサイバー攻撃も増加傾 向にあることから、企業のセキュリティ意識が向上してお り、セキュリティ対策の中でも特権IDに対する優先順位 が高まっているとのことです。

一方、日本企業の取り組みについて

  1. 「セキュリティインシデントへの迅速な対応」
  2. 「利用している クラウドサービスの把握」
  3. 「システム数の増加に伴う 管理工数の増加」と、3つの課題があげられます。

CyberArkセミナーレポート「特権ID管理再考デジタル時代のサイバーセキュリティ対策」