運用時におけるIoTデバイスに潜む攻撃リスク

様々な環境で運用されるIoTデバイスは、日々攻撃を受けるリスクに晒されています。攻撃者はIoTデバイスの脆弱性を突いて侵入を試みるため、

デバイス開発時に対策できなかった既知の脆弱性や、製品リリース後に新たに発生する脆弱性を適切に管理していく必要があります。

IoTデバイスの運用環境と想定されるリスク

運用中の脆弱性管理におけるポイント

長い運用期間の中で日々発生する新たな脆弱性に対しては、速やかに対応できる体制を作る必要があります。具体的には、脆弱性の「情報収集」「影響度調査」「対策方針の決定」、ユーザーと連携した「対策実施」などが挙げられます。

 

 

運用時の課題に対するご支援内容

マクニカでは、脆弱性管理における各過程の課題を整理し、ツールやサービスの利用を含めた、運用体制の構築、保守サービスのメニュー化について、ご支援します。IoTデバイスメーカーは、自社のデバイスの長い運用期間を通じて、エンドユーザーの利便性を担保しながら、安定したセキュリティレベルの確保が可能となります。

 

 

 

 

お客様に最適なIoTセキュリティ対策支援をさせて頂きますので、お気軽にお問合せください。