簡単
3Step

スモール
スタート

豊富な
ソリューション

多くの製造業がスマートファクトリー化への取り組みを進めている中で、以下のような課題に直面して、足踏みをしている状況が多く見受けられます。

  • 何から始めたらよいかわからない
  • コストが高そう(投資対効果が見えない)
  • 運用がイメージできない

 

全く新しい取り組みにおいて、最初から工場全体に対しスマートファクトリー化を進めようとしても、効果や運用をイメージしづらい場合があります。
そのような場合には、まずは部分的に工場の稼働監視を進めて、その効果を検証し、工場全体に広めていく手法が現実的です。

製造業向けデジタル基盤構築スターターキットならわずか3ステップで工場の稼働監視を実現します。

こんな方におすすめ!

まずは自社でできるところからIoT化を進めたい

スモールスタートで始めたい

効果が見えない中で、大きな投資ができない

実現できることの例

機器の予兆保全

設備の稼働監視

業務の平準化

簡単! 3ステップで導入!

step 1
ゲートウェイ(MindConnect Nano*)を現場に設置
2つのポートをPLCとインターネットに接続

step 2
MindSphere*のアプリで、接続するPLCと取得したいデータの情報を入力

step 3
BIアプリでダッシュボードを作成

システム構成(使用例)

各社PLC、CSV、振動データをNano 1台で接続

機能

BIツールでダッシュボード作成

※BIツールに有償のVisual Explorerを使用した例

1

コンプレッサーに取り付けた振動センサの加速度実効値の変化を基準日と比較

2

1日の平均値を基準日と比較、指定値を超えると赤字に

3

振動ピークの最大値が最も大きい日を可視化

ピーク平均値の色分けから大きな振動の変化があった日を一目で確認

設備のステータスとエラー分析

※BIツールに有償のVisual Explorerを使用した例

1

各種の生産状況を確認し在庫管理と連携

2

品種ごとのエラー発生回数をチェック

エラー頻度の高い品種の経験知の裏付け

エラー時のタイムスタンプやエラーコードを確認

3

エラー時の他のパラメータを確認

関係ありそうなパラメータの洗い出し

納品物

名称:製造業向けデジタル基盤構築スターターキット

項目 内容
ハードウェア MindConnect Nano×1台
ソフトウェア

MindAccess IoT Value Plan S(クラウド環境)

Fleet manager(時系列データ可視化アプリ)

Visual Explorer(有償オプション)

ドキュメント(予定) セットアップマニュアル

 

 

製造業向けデジタル基盤構築スターターキットについての詳細は、下記フォームよりお問い合わせください。