ここまでの第1回~3回のスマート工場実践シリーズを通じ、スマート工場の取り組みのイメージはつきましたか?
ユースケースの確認を通じて、よりイメージを鮮明に持ちましょう。

前回の振り返りと今回のテーマ

前回単なる可視化に終わるのではなく、可視化を始めとしたデータ利活用によりどうすれば製造現場のカイゼンサイクルを回すことできるか?についてお話いたしました
今回はここまでお話してきたスマート工場のシステムに求めるべき要素、スマート工場のテーマやKPIの設定、カイゼンサイクルを回すことによるKPIの最大化を踏まえ、実際のユースケースについてお話しいたします。

ユースケースのご説明にあたって

ユースケースでは3層インフラにあてはめ、ファーストステップとして「どういうテーマやKPIから始めたか?将来的な展開はどこを見据えているか?」について説明いたします。


続きをご覧になりたい方は以下より
\ かんたん無料申し込み /

関連記事

第1回
スマート工場化の成功に不可欠!? システムに求めるべき要素とは?

第2回
成功のために! スマート工場化ロードマップと3つのステップ

第3回
単なる可視化だけでは意味がない! データ利活用からカイゼンサイクルを回す

第5回
スマート工場から製造DXの実現 ~製造現場KPIと企業経営KGIの連動~