スマート工場化の推進において、システムを選定した後に、取り組みが行き詰ってしまう事態が多くの製造業において発生しています。その障壁の大きな理由は3つ。ありがちなスマート工場の実態とその解決策となる理想的なシステムについてご紹介します。

スマート工場化における課題

課 題 1 インフラ基盤の拡張性が低く、スマート工場化の横展開が難しい
課 題 2システム構成の柔軟性が低く、スマート工場化のステップに沿った段階的な構成変更が難しい
課 題 3投資対効果が出しづらい

拡張性・柔軟性をもったインフラ基盤

スマート工場における横展開はかなり複雑で、データソース・データ活用(目的・技術)対象範囲などの観点があります。最初はパイロット工程で課題を絞っての取り組みから始めることがほとんどです。

最初の取り組みだけを考えたシステムを導入した場合、先に進められなくなってしまう可能性があります。

スマート工場で大きな効果を出すためには、こういった複雑な拡張に対応できる拡張性を持ったシステムを選ぶ必要があります。


続きをご覧になりたい方は以下より
\ かんたん無料申し込み /

関連記事

第2回
成功のために! スマート工場化ロードマップと3つのステップ

第3回
単なる可視化だけでは意味がない! データ利活用からカイゼンサイクルを回す

第4回
スマート工場ユースケースを大公開!! ファーストステップから将来像まで

第5回
スマート工場から製造DXの実現 ~製造現場KPIと企業経営KGIの連動~