2017.4.20
株式会社マクニカ

マクニカ 、労働力不足を補い生産性を高めるデリバリーサービスロボット「Relay」のサービス提供を開始

自動搬送サービスロボットを開発、提供する米国Savioke社と代理店契約を締結

半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手がける株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社所在地:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:中島 潔、資本金111億94百万円)は、この度、米国Savioke Inc. (サビオーク、以下、Savioke社、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO:Steve Cousins)と日本国内における代理店契約を締結したことを発表いたします。マクニカは、Savioke社のデリバリーサービスロボットを、ロボットの導入、サポート、保守、メンテナンスサービスを含めたワンストップパッケージにしてRaaS(Robotics As A Service)と呼ばれるサブスクリプション形式で提供開始いたします。

契約社 Savioke Inc.
製品/サービス名 Relay
提供形態 RaaS (Robotics As A Service)
提供開始日 2017年4月20日

従来から多方面で警鐘が鳴らされています少子高齢化の問題は、労働環境においては16歳から64歳までの生産年齢人口の減少に直結し、将来的な大きな社会問題として労働力不足が懸念されています。既に労働力の確保が困難となった業種では、営業時間の短縮など業務の縮小を余儀なくされる例も出てきています。

このような状況から、労働力を補い、従業員の生産性を高める施策の1つとして、サービスロボットの活用への期待が高まっています。サービスロボットの活用により、従業員はより付加価値の高い業務に注力し、顧客満足度につながるサービスを提供することが可能になります。

一方で、サービスロボット市場はまだ黎明期とも言え、サービスロボットの業務への導入や活用、運用、メンテナンスについてのノウハウが不足しており、サービスロボットを実際の利用環境に導入、十分に活用するのが困難な状況です。

そのような中マクニカでは、Savioke社デリバリーサービスロボット「Relay」を、導入、サポート、保守、メンテナンスと合わせたRaaSモデルで提供することで、お客様の業務生産性改善、顧客満足度向上に貢献いたします。

今後、マクニカは、Savioke社「Relay」を、ホテル業界や物流業界をはじめ、オフィス、病院、介護施設など各種サービス事業者に提供し、施設内でモノを安心、安全、迅速に配送し、特別な体験をお届けすることで、お客様のビジネスに貢献します。

商品に関する詳細はこちらをご覧ください。: https://store.macnica.co.jp/contents/122029

マクニカは、5月10日から12日に東京ビッグサイトで開催される Japan IT Week IoT/M2M 展の当社ブース(ブース番号:西16-77)にてSavioke社Relayの特別展示を行います。ぜひ当社ブースにお立ち寄りください。

Savioke社Relay主な特長

◆100,000回以上のデリバリー実績
◆平均5分以内の配送(ホテルでの実績)
◆最適ルートを選択して自動走行
◆障害物を自動回避する高い安全性
◆24時間365日のサービス
◆お客様ブランドに合わせたカスタマイズ
◆エレベーターなど外部設備との連携
Savioke社RelaySavioke社Relay
※本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

■Savioke社について

カリフォルニア州サンノゼに本社を置くSavioke社は2013年に設立されました。Savioke社はサービスロボット開発の世界的なリーダーで、デリバリーサービスロボット「Relay」を開発しています。自律走行を行う「Relay」は、エレベーター乗降を行い、障害物を回避しながら、指定された場所まで安全に品物をお届けします。「Relay」は、米国のヒルトンやマリオットをはじめ多くのホテルで、軽食や飲み物を各部屋に運ぶ配送サービスに利用されています。また、ホテル業界以外にも物流倉庫など、人から人へとモノを運ぶ様々なシーンで、その活用の幅が広げられています。洗練されたデザインの「Relay」は、人と共存する環境で容易にご利用頂け、特別な体験をお届けするサービスロボットです。
詳細はWebサイト( www.savioke.com )をご覧ください。


■マクニカについて

マクニカは、1972 年の設立以来、エレクトロニクスおよび情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。当社は、横浜に本社を構え、香港、上海、台湾、シンガポール、韓国、タイ、アメリカ、ドイツに現地法人を有しています。
詳細はWebサイト( http://www.macnica.co.jp )をご覧ください。


■本件に関するお問い合わせは下記にまでお願いいたします。
株式会社マクニカ  http://www.macnica.co.jp
経営企画部 広報企画課 宮原
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル
TEL:045-470-9851 FAX:045-470-9853
e-Mail:macpr@macnica.co.jp