2008.11.04
株式会社マクニカ

株式会社マクニカ、株式会社新星堂へオンライン・マーケティングソリューション
「Omniture SiteCatalyst®」(オムニチュア サイトカタリスト)を提供

ブログの効果測定、最適化により、アクセス数を増加、店舗売上向上に貢献

半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手がける株式会社マクニカ(以下 マクニカ、本社:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:中島 潔、資本金111億94百万円、証券コード:7631)は、この度、株式会社新星堂(以下新星堂社、本社:東京都杉並区上荻一丁目23番17号 、代表取締役社長執行役員:砂田 浩孝)へ、Omniture Inc.(以下オムニチュア社、本社:米国ユタ州)社製のSaaS型ウェブ解析ソリューション「Omniture SiteCatalystR(オムニチュア サイトカタリスト)」(以下 サイトカタリスト)を提供したことを発表いたします。

新星堂社は1949年(昭和24年)創業の大手CD・DVD販売チェーンです。現在全国で200店舗以上の直営店を展開し、楽器・書籍の販売も行うほか、独自レーベルのオーマガトキを持っています。2007年からは、次世代型店舗として、雑貨なども扱う音楽セレクトショップ「Tea for Two Records」の展開を進めています。またインターネットの普及とともに、ECサイトを開設し、幅広いユーザにむけてオンライン販売を提供しています。

従来、新星堂のECサイトの解析には無料のASP型のツールを導入していましたが、サイト全体のページ閲覧数や訪問者数などおおまかな数値しか計測できず、顧客の求めているページ内容、ジャンル、あるいは、売上、購買転換率につながる数値を細かく分析することができませんでした。また、外部のインターネット広告やSNSサイトがどのように自社のビジネスに貢献するかという、投資判断の材料となる具体的な数値を入手するのが難しい状況でした。

そこで、マクニカは、本問題に対して、オムニチュア社製「サイトカタリスト」のコマースソリューションを提供するとともに、Web2.0の要素である、ブログの解析に際してもサイトカタリストの設定を行いました。

これにより、新星堂社のブログサイトアクセスは倍増、ブログ測定の戦略効果により、実店舗の予約販売を向上することができ、ネット戦略と実店舗の連携による売上げ向上の改善に貢献することができました。

●Web2.0要素のブログの実装と解析
新星堂社は従来のECサイトに加えて、商品告知に社内スタッフのブログを導入し、最新情報の配信と店舗への誘導を促しました。マクニカではブログのランキング、閲覧時間、ブログからのECサイトの誘導などブログを利用したアクセス解析レポート設定を行いました。

●プロモーション効果の解析
顧客層の細かい分析、またサイトへの誘致方法として、検索エンジンからの流入や、SNSからの顧客獲得、リピート顧客を増やすための、オンラインプロモーションの提案を行いました。

●ターゲット顧客分析と商品分析
従来の解析ツールでは、会員顧客の属性や行動の分析は非常に困難な課題でした。また自社で解析するにはその指標が不明確でした。そこでCD,DVDなどの売上げ、貢献度など多角的分析が出来るよう、サイトカタリストの拡張を行いました。

●毎日自動化されている、リアルタイムレポート
サイトカタリストの数値を関係部署担当者に毎日転送し、即効性のある、消費者嗜好データを情報共有するとともに、ブログ著者にも配布しました。

新星堂社では、この「サイトカタリスト」を今後もインターネットと実店舗の販売促進の相乗効果のための重要なツールとして活用していきます。

マクニカは、Webサービスシステム構築の経験、および10年以上にわたる検索エンジン解析の実績を元に、今後、顧客満足度向上に必須となる、オンラインマーケティングの分析ツールとして「サイトカタリスト」、「サーチセンター」、「Omniture Discover2」、「Omniture SiteCatalyst Mobile(サイトカタリストモバイル)」、「Omniture Genesis」、を、大規模サイトの分析を必要とする企業、およびコマースサイト企業の投資回収率向上を求めるお客様へ積極的に販売展開していきます。

「サイトカタリスト」については、2005年6月より販売を開始しており、マネックス証券、ハピネット・オンライン、イー・アクセス、スズキ、JALUX、バイエル薬品などへ導入実績があります。「サーチセンター」「サイトカタリスト」については、本年度1億円の売り上げを見込んでおります。

サイトカタリストは独自の解析データをSaaSで収集することにより、リアルタイムに解析を行い、ユーザの経路解析、顧客転換率、顧客離脱率、検索キーワードなどを求める事が可能になり、さらに多変量解析やA/B比較というさまざまな性能テスト機能を提供できる唯一のツールです。Webサイトの投資利益率向上に多いに役立てる事が可能になります。SaaSモデルにより、大きな初期投資や増設作業もなく、長年ユーザの要求に応えてきた、4000社以上のユーザ各社の経験や知識をすぐに利用することが可能です。


■株式会社新星堂 概要
会社名 株式会社新星堂
証券コード 7415
設立 昭和39年6月(昭和24年7月創業)
資本金 3,754,548,000円(平成20年2月29日現在)
代表者 代表取締役社長執行役員 砂田 浩孝
本社所在地 東京都杉並区上荻一丁目23番17号
事業内容 CD、DVD、楽器等を中心とした音楽映像関連商品と書籍の販売
URL http://www.shinseido.co.jp/
http://blog.shinseido.co.jp/
http://www.teafortworecords.jp/


■オムニチュア社 会社概要
 米国オムニチュア社(本社:米国ユタ州オレム)は、オンラインビジネスを最適化するためのソフトウェアをSaaSモデルで提供しています。Omnitureのオンラインビジネス最適化スイートは、お客様のウェブサイトやその他のシステムで生成される情報の収集と蓄積を行い、その情報を解析することでオンライン、オフライン、及びマルチチャネルのマーケティング活動や販売活動などにおける投資対効果の向上や収益向上などビジネス課題の解決を支援します。またソフトウェアに加えて、より高い導入効果を実現するための導入支援サービス、コンサルティングサービス、カスタマーサポート、及びユーザー教育を提供しています。
オムニチュア株式会社(本社:東京都渋谷区)は2006年1月に設立され(日本でのサービス提供開始は2005年4月)、これまでに株式会社オールアバウト、株式会社カカクコム、マツダ株式会社、マネックス証券株式会社、楽天株式会社(五十音順)などエンタープライズ企業を中心に約300社の導入実績があります。
www.omniture.com/jp

■株式会社マクニカ マクニカWebソリューションズについて
 マクニカWebソリューションズは、お客様にオープンソースを利用した、Webベースのエンタープライズソリューションを提供することに特化した、ソフトウェア開発とマーケティングのグループです。
 主な取り組みとして、ERPをはじめとする企業の基幹システムや、CRMなどの情報系システム、業務解析ツール、あるいは表計算システムなどのデスクトップアプリケーションが管理するデータを、グラフ・チャート化して、Web上で公開する経営ダッシュボードシステム「myB3smartIII」の開発。また、IRサービスのコンサルティング会社の最大手である、野村インベスター・リレーションズ株式会社様が個別の上場企業に提供しているIR専用サイト用ASPサービス「irbridge」を開発し、IRサイト構築の自動化とユーザビリティ向上を実現しています。
 さらに、企業経営の一部分となる、オンライン最適化ソリューションとして、「Omniture SiteCatalyst®」、「Omniture SearchCenter™」、「Omniture SiteCatalyst Mobile」、「Omniture Discover」、「Omniture Genesis」、「Omniture Fusion」などのSaaSサービスの提供とコンサルテーションを行っております。
 マクニカWebソリューションズの開発拠点は主要な市場である日本の他、米国カリフォルニア州に設けています。
 http://wsp.macnica.co.jp/

・参考画面
■Tea for Two Records 恵比寿店店長ブログ(画面中の数値はダミーです)

■ブログ解析レポート


* 本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。
本件に関するお問い合わせは下記にまでお願いいたします。

■お問い合わせ先
株式会社マクニカ  http://www.macnica.co.jp
経営戦略部 広報企画課 宮原
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル
TEL:045-470-9851 FAX:045-470-9853