2007.05.10
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、米イントランザ社製10ギガビットイーサネット対応IP-SANストレージ「Intransa PCU100」販売開始

単一システムで4TBから1PBまでをサポートするハイパフォーマンスストレージ

ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:中島潔)は、この度、米イントランザ(Intransa, Inc以下、イントランザ社、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO: Bud Broomhead)社製10ギガビットイーサネット対応IP-SANストレージ製品「Intransa PCU100」を、エンタープライズクラスのストレージとしては業界に先駆け、2007年5月10日より販売開始したことを下記の通り発表致します。


 Intransa PCU100は、単一システムで4TBから1PBまでをサポートする10ギガビットイーサネット対応IPベースのSAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)です。
 そのユニークなソフトウェア及びハードウェア・アーキテクチャにより、サーバ、ストレージシステムを、容易に集約、拡張、管理することが可能です。ユーザは各アプリケーションが要求するパフォーマンスとコストを考慮し、どのモジュールが最適か選択した上混在させ、またそれとは独立して、ディスクエンクロージャの追加により、仮想ストレージプール容量を増加させることが可能です。
 今回発表されたPCU100は、単体で、750MB/Sのスループットと、400,000 IO/SのIO性能を発揮し、また4台までのPCU100が、Active-Activeのクラスタとして動作して、パフォーマンスが向上するように設計されています。これにより、ファイバ・チャネル・プロトコルを越えるパフォーマンスがイーサネットとiSCSIで実現します。
 イントランザ社では、広範囲かつ長期に渡るベータ・テストプログラムを実施し、市場で最高の拡張性と、エンタープライズクラスのパフォーマンスと信頼性に応える製品のリリースを実現しました。
 年率50-60%といわれるストレージ容量の急増、ストレージ及びサーバの集約、バックアップ/リストア・ウィンドウの不足が企業の喫緊の課題になっている近年において、ストレージシステムの機器コストとTCO削減は、企業において大きな問題となっています。

 iSCSIとIP-SANテクノロジーは、

�FC(ファイバ・チャネル)より、スイッチのポート単価が安価
�管理者にとって、既知のTCP/IPベースの環境により、TCOの削減
�SATAドライブの量産によるコストメリットと信頼性向上

をもたらします。また、容易に管理できる仮想化ソフトウェアや、管理ソフトウェア、スナップショットソフトウェア、リモートレプリケーションソフトウェアといった、スタンダードなiSCSIのインターコネクションに適したStorStacソフトウェアも提供します。

 ▼製品に関する詳細 http://www.macnica.net/intransa/

■製品に関するお問合せ先
 マクニカネットワークス株式会社 Intransaセールス担当 
 Email: Intransa-sales@cs.macnica.net
 TEL: 045-476-1960

■Intransa PCU100 機能詳細

 

□利用シーン
・ストレージ統合
・ネットワークブート(シンクライアント)
・画像システムを含むメディカル・システム
・監視カメラ用ストレージ
・VOD(ビデオ・オン・デマンド)
・バックアップ/リストア
・セカンダリ・ストレージ
・データ・マイニング
・ポスト・プロダクション
・メールサーバ(メールアーカイブを含む)
・社内ポータル
・ディザスタ・リカバリ

□ソフトウェア機能
・JavaベースのGUIによる、ストレージの集中管理
・ウィザードベースのボリューム作成
・無停止での容量拡張
・ストレージ仮想化エンジン:フリーのディスクスペースを集約複数のホストへ割り当て
・スペア・ディスクのグローバル・ホット・スペア
・RAIDポリシーはディスクレベルで混在可能
・CLIサポート 継続タスクへのスクリプト機能を提供
・ドラッグ・アンド・ドロップでの無停止ボリューム拡張
・データ・ミラーリング
・書き込み可能なスナップショット
・リモートレプリケーション

□サポートOS
・マイクロソフト Windows:Exchange, SQL, MPIO/Cluster, iSCSI boot
・Linux:Redhat, SUSE
・VMWare Virtual Infrastructure
・Solaris, HP-UX, AIX, Netware

□File Serving
・Polyserve
・Lustre
・ADIC Stornext
・Redhat GFS
・IBM GPFS, SAN File System

□データ・プロテクション、バックアップ、リカバリ
・Veritas
・Bakbone
・CommVault
・Sonasoft
・Asempra
・emboot

□仕様
<物理サイズ>2U 19インチラックマウントデザイン
<キャッシュメモリ>4GBキャッシュ搭載
RAID0、1、1/0、5をサポート (RAID6は2007年7月サポート予定)
<ドライブ>7200rpm 250/500/750GB SATAディスク (SASは2007年末サポート予定)
<最大I/O処理速度>1,600,000 IO/S (PCU100単体で400,000IO/S)
<最大データ転送速度>3000MB/S (PCU100単体で750MB/S)

■イントランザ社 会社概要
 イントランザ社は、エンタープライズクラスのインテリジェントなIPストレージソリューションを提供する革新的な企業です。2000年9月に設立され、米国カリフォルニア州サンノゼに本社を置いています。
 Intransa StorStacファミリーは、複雑になりがちなスケーラブルなネットワークストレージの導入を劇的に簡素化するストレージソリューションです。その先進的なテクノロジーにより、イーサネットのコスト及びパフォーマンスの優位点、IPの普遍性を利用可能です。
・米イントランザ社: http://www.intransa.com/
・製品詳細: http://www.macnica.net/intransa/
 

 ※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■報道機関お問い合わせ先
マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net/
TEL:045-476-2010 FAX:045-476-2060
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報企画推進課 保田
問い合わせフォーム