2007.04.09
株式会社マクニカ

株式会社マクニカ、ビジネスダッシュボード構築ツール「MyB3Smart(マイビースリースマート)™ 2」と株式会社NTTデータシステムズ、統合基幹業務パッケージ「SCAW(スコー)」との連携製品「MyB3Smart(マイビースリースマート) for(フォー) SCAW(スコー)」を株式会社アテネコンピュータシステムが開発、販売開始

両製品の連携強化により企業情報の"見える化"をさらに加速

半導体やネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:神山治貴、証券コード:7631)社製ビジネスダッシュボード構築ツール「MyB3Smart™2」と、株式会社NTTデータシステムズ(以下NTTデータシステムズ、本社:東京都品川区西五反田3-7-10、代表取締役社長:小島武雄)社製統合基幹業務パッケージ「SCAW」との連携製品「MyB3Smart for SCAW」を、株式会社アテネコンピュータシステム(以下、アテネコンピュータシステム、本社:東京都中央区銀座3-9-4第一文成ビル5F 代表取締役社長:鈴木 利信)が開発し、販売を開始いたします。

マクニカは、NTTデータシステムズと昨年5月にアライアンス契約を締結し、NTTデータシステムズが開発したERPパッケージ「SCAW」と、当社製品ビジネスダッシュボード構築ツール「MyB3 Smart™2」をシームレスに連携させ、短時間での経営ダッシュボード作成を実現しました。

今回発表する「MyB3Smart for SCAW」は、従来の機能に加え、SCAWからのデータ取得モジュール、データ加工モジュール、MyB3Smartテンプレートで構成されており、SCAWのデータをMyB3SmartのSCAW標準テンプレートにて表現することが可能となりました。これにより、エンドユーザーはSCAW財務管理システムのデータをカスタマイズすることなくビジュアル化し、Web上のダッシュボードシステムによる企業情報の"見える化"を実現しました。

同製品を使用することにより、さまざまなダッシュボード機能で企業経営における意思決定や現場の管理に役立つコンテンツをスピーディに作成することができ、業績推移や予算消化状況などの重要な経営指標を瞬時に把握することが可能となります。また、SCAW財務管理システムの予算・実績の差異を明確化するだけでなく、お客様独自の分析項目に合わせて科目を集計して表示することもできます。さらに、今回の開発により、SCAW財務管理以外のシステムのデータと合わせて連携することが可能となったため、財務データと非会計データを組み合わせた経営ダッシュボードを作成することができます。

今後3社は、同製品を皮切りに、営業管理、生産管理、人事管理のデータの可視化を進めていく予定です。また、業種別のダッシュボードテンプレートも順次拡充し、ダッシュボードノウハウの提供と指標の標準化に取り組んでいきます。

■「MyB3Smart™2」について
 「MyB3Smart™ 2」は、企業に散在する様々なデータを瞬時にグラフ化し、企業の情報資産を視覚化するシステムとしてマクニカが開発し2003年11月に販売を開始した「B3Smart™」の最新バージョンになります。  近年、「見える化」、「BAM(業務活動監視)」などの言葉に代表されるように、ポータルサイトなどで業績指標の情報を共有しモニタリングする企業が増えてきました。情報共有によって実現される企業データの民主化が、企業全体の活性化につながります。「MyB3Smart™」はビジネスダッシュボードを自由自在に構築できる即時性と柔軟性により、このような企業の取り組みを強力に支援するソリューションです。
 マクニカでは、企業統治に必要な情報の共有、民主化や監査のためのレポーティングが企業経営に必要不可欠になりつつあることから、経営者向けのダッシュボードから個人用Webレポートまで、全社共有できる統合システムとして、国内の見える化ツールとしてERPベンダーやETLベンダーと協業し、「MyB3Smart™2」の益々の普及を見込んでいます。価格は320万円から。今年度は100本、約3億円の売上げを見込んでいます。

■「SCAW」について
 「SCAW」は、「See Create And Win=見える経営、創る経営、勝ち抜く経営」をコンセプトとし、NTTデータが日本の中堅企業をメインターゲットにして開発した統合基幹業務パッケージ(ERP)です。
 「SCAW」は、営業管理、生産管理、財務管理、人事管理、Frontizm(ワークフロー)、eTrans(データ連携)の6つのプロダクトで構成されています。日本の商習慣にきめ細かく対応し、カスタマイズでお客様企業のコアコンピタンスを損なうことなくスムーズな導入ができることで、平成19年3月までに807社1114システムの販売実績を上げています。

 

■マクニカWebソリューションズについて
 マクニカWebソリューションズは、お客様にオープンソースを利用した、Webベースのエンタープライズソリューションを提供することに特化した、ソフトウェア開発とマーケティングのグループです。
 IRサービスのコンサルティング会社の最大手である、野村インベスターリレーションズ株式会社様が個別の上場企業に提供しているIR専用サイト用ASPサービス、「irbridge」を提供し、サイト構築の自動化とユーザビリティ向上を実現しています。
 ERPをはじめとする企業の基幹システムや、CRMなどの情報系システム、業務解析ツール、あるいは表計算システムなどのデスクトップアプリケーションが管理するデータと連携し、インタラクティブなチャートとしてWebで公開する経営ダッシュボード「MyB3Smart」を提供しています。
 マクニカWebソリューションズの開発拠点は主要な市場である日本の他、米国カリフォルニア州に設けています。
http://wsp.macnica.co.jp/

*MyB3Smartに関するお問い合わせ
株式会社マクニカ マクニカWebソリューションズ
TEL 045-470-9852 FAX:045-470-9857

■NTTデータシステムズについて
 NTTデータシステムズは1985年の設立以来、実績から着実に蓄積してきた、システムインテグレーション技術を駆使した各種システム開発を提供し、お客様の多様なニーズに対し迅速・かつ的確に対応しています。SCAW事業については、2002年にNTTデータのSCAWパッケージ開発部門と、NTTデータシステムズの販売・カスタマイズ部門を一体化し、シナジー効果によりSCAWビジネスを強化しています。
 MyB3Smartはアライアンス契約を締結し、2006年5月23日よりSCAWアライアンス製品にラインナップしました。
 http://scaw.net/

*SCAWに関するお問い合わせ
株式会社NTTデータシステムズ SCAW事業本部 パッケージ事業部 パッケージ営業部
田野、片山、植松
e-Mail:info_scaw@scaw.net
TEL 03-5434-6373 FAX:03-3543-6320

■アテネコンピュータシステムについて
 アテネコンピュータシステムは、1986年に今の社名に商号変更し、本格的にソフトウェア開発事業をスタートしました。以来、大手のSI企業・ユーザ企業を中心にシステム構築・保守・運用を提供してきました。C/S型システムの開発ノウハウと会計業務ノウハウをもとに1996年にSCAW事業への取り組みをスタート、また2000年にはBI(ビジネス・インテリジェンス)の分野におけるソリューション事業としてデータウェアハウスの構築ならびにBIツールの販売・導入・サポートをスタートし、ビジネスの領域を拡大しております。「MyB3Smart™」においては業種・業態別の各種テンプレートを取り揃え、ビジネスダッシュボードの短期導入を実現しています。アテネコンピュータシステムは品質マネジメントシステムを通じ、ヒト・モノ・カネの全ての品質向上に取り組み、顧客満足度の向上に努めています。
 http://www.athene-cs.co.jp

 ただ今、アテネコンピュータシステムでは、MyB3Smartを3ヶ月間無料で使用できるトライアルキャンペーンを実施しています。2日間の訪問支援(セットアップ、プロトタイプ作成)とトライアル期間中のメール問合せサポートを含みます。
 キャンペーン期間は2007年3月1日~2007年5月31日です。

*MyB3Smart for SCAWに関する詳細なお問い合わせ
株式会社アテネコンピュータシステム
ソリューション事業部 紫関(しせき)、長崎
e-Mail:b3smart@athene-cs.co.jp
TEL:03-3543-3811 FAX:03-3543-3815

■参考画面
・経営の「見える化」。SCAW経営情報ダッシュボード


※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■お問い合わせ先
株式会社マクニカ  http://www.macnica.co.jp
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル
TEL:045-470-9851 FAX:045-470-9853
経営戦略部 広報企画課 宮原