2007.02.20
三菱電機情報ネットワーク株式会社
マクニカネットワークス株式会社

仮想デスクトップで実現する情報漏洩対策ソリューション
「モバイル・セキュア・ワークスペース(MSW)サービス」開始

 三菱電機情報ネットワーク株式会社( 社長 岩崎 高美、/いわさき たかみ、以下MINDという)は、マクニカネットワークス株式会社(社長 中島 潔、/なかじま きよし、以下マクニカネットワークスという)が取り扱う、米ジュニパーネットワークス社製SSL-VPNアプライアンスJuniper SAを利用した、情報漏洩対策ソリューション「モバイル・セキュア・ワークスペース(Mobile Secure Workspace、以下MSWという)サービス」を2007年3月16日よりリリースすることを発表致します。

 MSWサービスは、持ち出しPCでリモートアクセスを利用し、PC上でファイルの編集・閲覧を行なっても、リモートアクセス終了時には、PC上のデータを消去する、持ち出しPC向けの情報漏洩対策ソリューションです。
 本サービスをご利用頂きますと、SSL-VPN接続時にPC上に仮想デスクトップが起動し、接続中は、この仮想デスクトップが作業スペースとなります。仮想デスクトップ上のデータはリモートアクセス終了時に全て消去されるので、リモートアクセス時の作業データはPC上には、一切残りません。
 本サービスは、MINDが、機器の構築・設定から運用・保守までトータルにご提供いたしますので、従来のシンクライアントシステムの様な、大規模な設備は必要ありません。加えて、事前にソフトウェアのインストールも不要で、既存のPCをそのまま、ご利用頂けますので、手軽に持ち出しPCの情報漏洩対策を行ないたいお客様に最適なソリューションです。
 MINDは本サービスの販売および保守・サポートを行い、マクニカネットワークスはJuniper SA機器提供を行います。
本サービスは、「MINDモバイルネットワークサービス(注1)」のSSL-VPNアクセスサービスの新機能として仮想デスクトップで実現します。

■仮想デスクトップ上の機能
・作成/保存したデータを削除
 作成、保存したデータは終了時に全て消去されるため、PCのHDDにデ―タは残りません。
・外部記憶デバイスへの保存を禁止
 USBメモリや付属ドライブ(CD-RW)などへのデータの保存を禁止し、PCからのデータの持ち出しを禁止します。
・PC上のアプリケーションを、そのまま利用可能
 CPU、メモリおよびアプリケーションなど、既存のPCの環境をそのまま、仮想デスクトップで利用が可能です。

■サービスの特長
・インターネット接続環境から安全にどこでも利用可能
 インターネット接続環境があれば、SSL-VPN技術によりWebブラウザだけでどこからでも利用が可能です。
・エージェントレスで、既存PCをそのまま利用
 事前にPCに特別なソフトウェアのインストールは不要で、既存のPCをそのまま利用できます。
・トータルのサポート
 サービスに加入頂くだけで、SSL-VPN機器の構築から運用・保守(24時間365日)まで弊社がトータルにリモートアクセス環境をサポート致します。

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

(注1)MINDモバイルネットワークサービス
 MINDが提供している400社、72,000IDの実績を誇るリモートアクセスの設計から運用まで行なうトータルサービスです。

■MSWサービスに関するお問合せ先
三菱電機情報ネットワーク株式会社 営業企画部 電話:03-5276-6821

■お問い合わせ先
マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net /
TEL:045-476-2010 FAX:045-476-2060   
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5 
広報企画推進課 保田
問い合わせフォーム