2007.01.24
マクニカネットワークス株式会社
株式会社ネットワールド
クオリティ株式会社

マクニカネットワークスとクオリティがPCセキュリティの開発・販売で協業

PCセキュリティの統合基盤QAW/QNDが「SafeBoot」連携機能を提供

 ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がけるマクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:中島 潔)と、ITインフラのソリューション・ディストリビュータである株式会社ネットワールド(以下ネットワールド、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村康彦)、そしてクオリティ株式会社(以下クオリティ、本社:東京都千代田区、代表取締役:浦聖治)は、クオリティのクライアントPC法制度対策基盤「QAW/QND Plus」にマクニカネットワークスの「SafeBoot Device Encryption」のインストール支援機能を追加、ネットワールドからの導入提案と併せ、2月中旬より提供を開始いたします。
 PC内にある重要情報の暗号化によりPC盗難・紛失時における漏洩から守る「SafeBoot」を全社に点在するPCに対して効率よく導入し、管理することをQAW/QND Plusにより実現いたします。
併せてクオリティの提供する情報漏洩対策製品との動作確認を行っております。

 具体的には、QAW/QND Plusが対象PCのハードディスク内を確認し、「SafeBoot」を導入する前段階の準備を支援するものです。運用を続けていく中においてもQAW/QND Plus管理下にクライアントPCがあることでセキュリティ対策を監査し続けることが可能になります。「SafeBoot」はドライブ、メディア、ファイルの暗号化機能で盗難・紛失などからの情報漏洩を防止します。

■主な機能
・事前環境確認(インベントリ収集)
・事前環境整備(デフラグ・チェックディスク実行)
・遠隔導入(リモートインストール)

■価格
 オープンプライス
 参考価格(税抜き)
  SafeBoot 100クライアントの場合
   280万円(買取ライセンスの場合)
   60万円(年間ライセンスの場合)
  QND Plus 100クライアントの場合 180万円

■販売
 ネットワールドが、双方のソフトウェアの導入提案と併せて販売を行います。

■販売見込み
 年間200セット
 QNDの売上 1億円

■SafeBoot Device Encryptionについて
 ハードディスク全体をセクタレベルで常に暗号化、さらにOS起動前のSafeBoot独自のユーザ認証により、不正なユーザのアクセスを拒否します。これによりPC盗難・紛失時における情報漏えいのリスクを最小限に抑えることができます。
[SafeBoot Device Encryptionの特徴]
・ハードディスクの全体暗号化
 ファイル暗号・ドライブ暗号等と違い、ハードディスク全体をセクタレベルで常に暗号化しますので、ユーザのオぺレーションに依存しないセキュリティを実現できます。
・プリブート認証
 PC起動直後MBR(マスターブートレコード)上でSafeBoot独自のユーザ認証を行い、不正なユーザによるアクセスを拒否します。
・集中管理サーバによる一元管理
 SafeBoot管理サーバではユーザ、マシンに対するポリシー及び状態を一元管理することが可能でユーザのオペレーションに依存しない形での運用が可能です。

■QAWについて
 IT資産管理ツールQND Plusの標準機能に、ソフトウェア起動制御や使用状況の把握などの追加機能を搭載。クライアントPC構成の維持・管理に加え、管理ポリシーに合わせたシステム利用制限が行なえます。
[QAWの特徴]
・IT資産管理ツールの決定版QND Plusの全機能を搭載
・ソフトウェアの稼動状況を把握し、不適切なソフトウェアの起動を制御できる
・管理下のソフトウェアに「コピーID」を割り振ることにより、起動許可や制限などの厳密なライセンス管理を実現
・ソフトウェア使用状況データから、導入すべきライセンス数を適切に判断できる

■QND Plusについて
 クライアントPCの現状把握から、台帳作成、自動インストール、脆弱性監査までをカバー。 管理工数を削減し、ウイルスや情報漏洩などのリスクから企業を守ります。
[QND Plusの特徴]
・国内2,600社250万クライアントの導入実績、東証一部上場企業の6社に1社が導入、IT資産管理ツールの決定版
・クライアントPCのハードウェア、ソフトウェア、周辺機器などのスペック、利用状況等を把握
・収集された各種クライアントPC情報を台帳化して一覧表示
・ポリシー設定により、クライアントPCの構成維持・管理が可能
・自動インストール機能により、クライアントに意識させることなく、強制的にタスクの実行が可能
・リモートコントロール機能により、クライアントPCを直接操作でき、リアルタイムでの状況監視も可能
・QND Plusを基盤として、オプション製品を活用することで、更なる管理体制の拡充が図れる

■ネットワールドについて http://www.networld.co.jp/
 株式会社ネットワールドは、ITインフラのソリューション・ディストリビュータとして、ユーティリティ・コンピューティング時代の企業データセンタと、セキュアでユビキタスなアクセスを実現する革新的な製品とその関連サービスを提供しています。
サーバやストレージ、そしてアプリケーションの仮想化に早期から取り組み、次世代ITインフラのあるべきモデルをリードしていきます。

■クオリティについて http://www.quality.co.jp/
 クオリティ株式会社はIT資産管理のトップランナーとして、お客様と対話しながら、ニーズにあった製品やサービスを常に提供しています。今後も「21世紀型経営資源(しくみ・人・情報)」の有効活用に役立つソリューションをお客様へご提案いたします。
■製品に関するお問い合わせ先
●SafeBoot Device Encryptionについて
マクニカネットワークス株式会社
SafeBoot セールス 担当
TEL : 045-476-1960
e-mail: cbi-info@cs.macnica.net

●QAW/QNDについて
クオリティ株式会社
QAW/QND製品担当
TEL:03-5275-6123
email:sales@quality.co.jp

■報道機関からのお問い合わせ先
マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net /
TEL:045-476-2010 FAX:045-476-2060   
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5 
広報企画推進課 保田
問い合わせフォーム