2006.08.04
株式会社マクニカ
クラビス カンパニー

マクニカ、米国SiTime(サイタイム) Corporation(コーポレーション)と販売代理店契約を締結、MEMS技術を使ったSi(シリコン製)発振器の販売を開始

水晶発振器を代替する革新的シリコン製MEMS発振器

 半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手がける株式会社マクニカ(以下 マクニカ、本社:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:神山 治貴、資本金111億94百万円、証券コード:7631)は、この度、SiTime Corporation(以下サイタイム社、本社:米国カリフォルニア州サニーベール、CEO:Kurt E. Petersen, Ph. D)と7月7日に販売代理店契約を締結し、同社製品シリコン製MEMS発振器(以下 MEMS発振器)を日本で販売開始することを発表いたします。

 サイタイム社は、Robert Bosch社の開発したMEMS要素技術「MEMS First™(メムス・ファースト)」を独占的に供与され、世界に先駆けて実用化可能なMEMS発振器を開発しました。
 サイタイム社が開発したMEMS発振器は、水晶を使わずシリコン製のMEMS共振器で構成されていることが特徴です。「MEMS First™」技術を駆使し、通常のIC製造装置や技術を使って、シリコン製電子チップの中にクロック源を作りこむことに成功しました。さらに、独自の製造・パッケージ技術により、MEMS共振器の周囲を高い真空度に保ったまま、業界標準かつ低コストのプラスチック・パッケージに封止することで、これまでMEMS共振器では実現できなかった、キャビティの汚染と経年変化の問題を事実上解決し、温度補償の複雑性やドリフト現象を緩和することを可能としました。
 このMEMS共振器は、従来の水晶発振子に比べて、外形寸法が1桁小さく、また、シリコンを使用することで製造コストも約半分程度に抑えることができ、さらに、MEMS発振器は外付け周辺回路を内蔵することが可能なため、プリント基板への実装面積も70%近く削減することができます。発振周波数は1M~125MHzの範囲でプログラマブルであり、周波数許容差は±50ppm以下と、現在の水晶発振器における最高スペックの倍のパフォーマンスとなります。経時変化についても±2ppm/年と高い安定性を持っており、現在の水晶発振器と同等以上の性能を実現しました。

 1940年代半ばから、あらゆる電子機器に組み込まれ、2006年の生産個数は100億個に達すると予測されている水晶発振子・発振器市場ですが、小型パッケージ、低価格、周波数の安定性、機械振動や電気的ノイズへの耐性、通常のICレベルの高い信頼性など、様々なアドバンテージを提供するサイタイム社のMEMS発振器を市場に投入することで、水晶発振器・発振子市場の90%以上がサイタイム社製品の持つ様々なメリットを享受することができると考えます。8月末にはサンプルを出荷する予定で、今後は、VCXO(電圧制御型水晶発振器)、TCXO(温度補償型水晶発振器)への製品展開を視野に入れ、次期製品には32.768kHzの発振器の発売も予定しています。

 サイタイム社のストラテジック・アライアンス責任者でコファウンダーのジョー・ブラウン氏は、
「サイタイム社では、World WideでCY07 $20M、CY08 $60Mの売上を見込んでおり、最先端のデジタル機器を開発するメーカーが数多く存在している日本市場での成功が非常に重要であると判断している。今回、マクニカと代理店契約を締結し、マクニカの持つ幅広い顧客層、優れた技術と営業のサポート力と、我々の高い技術力、製品力が結び付くことにより、成功に大きく近づいたと強く確信している」 と述べています。

 マクニカでは、サイタイム社製MEMS発振器を、デジタルコンシューマ、OA機器、PC、通信、産業機器等の幅広い市場に向けて、きめ細かい営業・技術サポートを提供します。なお、当社は社内カンパニー制を導入しており、同商品に関しましては、クラビス カンパニーにて取り扱いをします。

■SiTime Corporation.について
 サイタイム社は、2004年に設立、カリフォルニア州サニーベールに本社を置き、MEMSの父と言われるKurt E. Petersen氏(現・同社社長兼CEO)によって創業されたベンチャー企業です。特許技術である「MEMS First™」を用い、世界初となるシリコンウエハ製発振器を開発・製造しています。サイタイム社は「MEMS First™」とトップクラスのIC設計を融合させ、様々な方面に独創的で高い競争力のあるシリコン発振器を提供することにより、クロック源の世界に大革新をもたらします。
詳細情報は同社ホームページをご参照ください。
URL http://www.sitime.com

■株式会社マクニカ クラビス カンパニーについて
 クラビス カンパニーは株式会社マクニカのディビジョンカンパニーです。
クラビス カンパニーでは、海外の優良ベンチャー企業を発掘し、その技術や商品を日本のマーケットにいち早く提供しています。商品ごとにFAE(フィールドアプリケーションエンジニア)を配置、お客様の開発期間を短縮させるための設計支援や、新技術を応用した差別化提案などを行っています。当カンパニーが取り扱うIC、電子部品は、情報・通信及びデジタル家電、産業用機器などの市場で、幅広くご使用いただいています。
URL http://www.clv.macnica.co.jp/
■参考画像
 MEMS共振器赤外線写真
※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■お問い合わせ先
株式会社マクニカ http://www.macnica.co.jp /
TEL:045-470-9851 FAX:045-470-9853  
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 
経営企画室 宮原