2006.06.06
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、昭和大学 富士吉田キャンパスへ「Trapeze無線LANシステム」を提供

既存有線LANとの高い親和性で、どこからでも安全にネットワークにアクセスできる無線LAN環境を提供

 ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社所在地:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:中島潔)は、この度、学校法人 昭和大学(以下 昭和大学、本部:東京都品川区旗の台1-5-8、理事長:小口 勝司 学長:細山田 明義)へTrapeze Networks, Inc.(以下 トラピーズ社、本社:米国カリフォルニア州プレザントン、CEO:Jim Vogt)の無線LANシステムを提供したことを発表致します。

 昭和大学は、我が国唯一の私立医系総合大学で、将来医療人として社会に貢献することになる学生が職種を超えて協力し合うチーム医療のあり方を学ぶ場として、山梨県富士吉田キャンパスにおける1年次全寮生活を実践しています。2006年度から保健医療学部の1年次学生(約170名)が富士吉田キャンパスでの全寮生活へ合流することを受けて、構内ネットワークの見直しを決断、学生のネットワークアクセス環境向上の為Trapeze無線LANシステムを導入しました。
 学校という特性上、クライアントPCの環境を統一することが困難な為、構築にあたっては柔軟なセキュリティ設計が可能なシステムが求められました。学生は原則としてWindowsXP SP2でデフォルトのIEEE802.1Xでの認証を行います。しかし、一部の学生の持込PCや教職員はMacintoshやWindowsXP以外のOSを利用している為、WebブラウザからID、パスワードを利用し認証を行うWeb認証方式も併用しています。Trapeze無線LANシステムでは、複数の認証と暗号化方式を自由に組み合わせることができる為、このような柔軟かつ安全性の高いネットワークの構築が可能となりました。また、1台のアクセスポイントに対して、最大64個のSSIDの設定が可能な為、ユーザプロファイルに応じて細かくVLANを分けることができ、有線ネットワークを含めたネットワーク全体のセキュリティ向上に寄与します。
 さらに、統合管理ツール「Trapeze RingMaster」では、無線システム全体を統合管理するとともに、視認性に優れたユーザインターフェースを提供し、専任のネットワーク管理者を持たないユーザの管理負荷を大幅に軽減しています。

 マクニカネットワークスでは、今回の導入を契機に今後文教市場向け無線LANソリューションとして、Trapeze無線LANシステムを展開予定です。
 システムの提案及び構築は東日本電信電話株式会社(以下 NTT東日本、本社所在地:東京都新宿区西新宿3-19-2、代表取締役社長:高部 豊彦)ビジネスユーザ事業推進本部大学イノベーションプロジェクトが担当しました。NTT東日本では、今回の無線LANシステムと合わせて、有線、無線LANを問わず、学生、教員、職員といったユーザ属性にあわせて、認証後使用するVLANを動的に割り当てる認証VLANの仕組みを構築しました。さらに、学生や教員の持込みPCからウィルスなどによる攻撃的なパケットが送信された場合にも、それを自動的に検知しその端末をネットワークの水際で隔離する「事後検疫」の仕組みも構築しています。

■トラピーズ社のソリューション <主な特徴>
外部の認証サーバがなくてもIEEE802.1X認証やWeb認証を実現
EAPオフロード機能により外部認証サーバに対する負荷を約80%低減
シングルSSIDでも複数の認証方式や暗号化方式、認証サーバなどの定義が可能
既存ネットワークのセキュリティやネットワークトポロジー(L2,L3)、認証環境の大幅な変更をせずに無線LAN環境の構築が可能
無線LAN環境の可視化やレポート作成、不正電波自動検知

●製品詳細:http://www.macnica.net/trapeze
●トラピーズ社:http://www.trapezenetworks.com
■昭和大学概要



■お問い合わせ先
マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net /
TEL:045-476-2010 FAX:045-476-2060   
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5 
広報企画推進課 内山
問い合わせフォーム