2006.04.13
株式会社マクニカ

マクニカ、「経営の見える化」支援システム「MyB3SmartTM」を販売開始

経営ダッシュボードをオンデマンド(ASP)でも提供

 半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手がける株式会社マクニカ(以下 マクニカ、本社:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:神山 治貴、資本金111億94百万円、証券コード:7631)は、当社にて開発、販売してきたマネジメント・ダッシュボード構築システム「B3 Smart」を大幅に機能強化し、この度「MyB3Smart」として4月10日より販売を開始します。また、従来のパッケージ製品とあわせて、ASP版「MyB3Smartオンデマンド」のサービスも同時に提供していきます。

 当社は、2000年に新規事業の一環としてWebサービス技術を利用したビジネス・アプリケーションの開発を行うための特別プロジェクトチーム「Webサービスプロジェクト」を発足しました。企業データのビジュアル化が経営判断や通常の業務に不可欠になりつつあることと、WEBサービスの導入が今後増加することから、2003年11月に、マネジメント・ダッシュボードを構築するシステム「B3 Smart」を開発し、販売を開始してきました。

 「B3 Smart」は、企業の統合基幹業務システム(ERP)、顧客情報管理システム(CRM)、営業支援システム(SFA)、Excel等のデスクトップアプリケーションから取得したデータを、ダイナミックにグラフやチャート、地図に変換し、Webブラウザで公開するためのレポート作成を支援するシステムです。レポートのテンプレートを定義することにより、データの取得、グラフの更新を完全に自動化することができます。これまで、主に経営ダッシュボードを作成するシステムとして、約100社の国内大手企業に納入してきました。
 従来の「B3 Smart」は、経営判断を行うための経営者層をターゲットとして、肥大化する企業データを瞬時に視覚化できるシステムとして提供してきましたが、「見える化」、「CPM(企業業績監視)」「BAM(業務活動監視)」などの言葉に代表されるように、ビジネス情報をポータルサイトなどでパーソナルに公開する企業が増えてきました。また、ポータルサイトのパブリッシングにおいても、迅速かつ自由自在に構築できる即時性と柔軟性が求められてきています。そこで、当社では、経営者のための経営分析レポートだけに留まらず、売上情報や顧客情報など、日々の営業活動やマーケティングに必要なビジネス情報を瞬時にモニタリングすることができる「MyB3Smart」を開発しました。

 「MyB3Smart」は、従来の「B3 Smart」の機能に加え、新たに、営業報告書などのパーソナル・レポートを作成可能にするために、全てのユーザに対してレポートの編集権限を付与できる機能や、レポート作成に必要なデータ、テンプレートなどのリソースをユーザ毎に管理するためのパーソナル・ホールダ・システムを組み込んでいます。さらに、Excelファイルなどのリソースのコピー、移動や、レポート上のグラフ、あるいはテキストコンポーネントのレイアウトなどがWebブラウザ上でマウスのドラッグ・アンド・ドロップの操作だけで可能になるなど、Windowsユーザにも違和感なく操作できるようになっています。また、パーソナル・レポートはテキスト文が含まれることも多いため、通常利用している文章作成、テキスト入力ができるリッチテキストエディタを追加しました。これによってレポート作成者は、HTMLタグの知識なしにコメントの編集とWebでの公開が可能になります。さらに今回の新製品においては、Excelで作成したデータを、デスクトップのワークシートからマウスのワンクリックで直接MyB3Smartサーバにアップロードし、即座にレポートに反映させるための「Excelプラグイン」がオプションで用意されています。これによって、レポートの更新作業に関わる時間は大幅に短縮されます。

 「MyB3Smart」は、今後、パッケージでの販売の他、ASPでもサービスを提供していきます。パッケージ版の価格は1サーバ当たり320万円から。ASP版は4月10日より無償トライアルサイトを公開し、6月より有償サービスを開始します。(無償トライアルサイトはこちら→ http://www.b3smart.com)

 マクニカ 事業開発統括部 Webサービスプロジェクト統括部長 渡辺史郎は、「ビジネスアプリケーションは、操作性が普及の鍵を握っているという認識で開発をしています。そのため、Webアプリケーションながらマウスのドラッグアンドドロップでファイルの移動、ページレイアウトができるなど、Webアプリケーションでは非常に困難と考えられたことを実現することができました。また、今回のASP版により小規模ユーザでも導入が可能になることから、その普及が一気に加速されるのではないか」と、今回のリリースに対する期待を語っています。今後1年間で、新規導入企業200社を目標にしています。

■Webサービスプロジェクトについて
 マクニカWebサービスプロジェクトは、株式会社マクニカでJava/XMLを中心とした革新的な技術をベースに開発を行うとともに、お客様にエンタープライズソリューションを提供することに特化した、ソフトウェア開発とマーケティングの特別プロジェクトチームです。Webサービス技術を利用したビジネスレポートの作成と、パブリッシングシステムの開発に積極的に取り組んでいます。開発拠点は日本と米国カリフォルニア州にあります。
詳細は http://wsp.macnica.co.jp/ をご覧ください。

*商品及びサービスに関する詳細なお問い合わせ
株式会社マクニカ http://wsp.macnica.co.jp/
事業開発統括部 Webサービスプロジェクト
TEL:045-470-9852 FAX:045-470-9857   

■参考画面
 
※本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。
※「MyB3Smart」は商標登録出願中です。

■お問い合わせ先
株式会社マクニカ http://www.macnica.co.jp /
TEL:045-470-9851 FAX:045-470-9853   
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 
経営企画室 宮原